SUSHI

寿司。

いい響きだ。

私はいま寿司屋へ向かっている。

なんという贅沢だろう。

何に対してのご褒美だというのだ?

今日は1吊りもしていないんだぞ。

だが、何故行くかという理由などはない。

そんなものはない。

ただ

「行きたくなった」から

「行く」のである。

寿司といえば

いくらが好きな人は楽観的、かっぱ巻きが好きな人は悲観的、ウニが好きな人は適当、サーモンが好きな人は自由奔放と言った心理テスト

はない。

もう一度言う。

そんなものはない。

なぜ書いたのか?

書きたかったからである。

「書きたかった」から

「書く」それだけでいいではないか。

そうこうしているうちに、寿司屋へ到着した。

そう、私は”徒歩”で寿司屋へ向かっていた。

寿司を食べるので、せめてものカロリー消費を目的に歩いてみた。

こればかりは

「歩きたくない」

が仕方なく

「歩いた。」

人生そんなもんだ。

こんな日もある。

だが、今メニューを見ていた。

するとどういうことだ?

ビールが無い

そんな店ある?

え、そんな店ある?

ハイボールしかない。

そんなことある?

びっくりし過ぎていつもは15皿食べれるのに今日は20皿しか食べれなかった。

私は今日、常識を疑う大切さを知った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました