ORIGINALS:心のプロテイン

お疲れ様です。

週末の疲れを癒すべく”心のプロテイン”を一杯どうぞ。

本日ご紹介させていただく本は

「ORIGINALS」

です。

“GIVE&TAKE”を書かれたアダム・グラントさんの著書であり、やはり良書です。

この本を読むことで、次の一歩へのモチベーションが貰えたり、自分がどう行動すべきか知ることが出来ます^ ^

仕事にもプライベートにもいかせる情報が詰まっていますのでオススメです。

この本を読んだ目的は

・メンタリストのDaiGoさんが紹介していた

・著者がアダム・グラント

・GIVE&TAKEを読んで人生が変わったから

本の内容を要約しますと

“オリジナル”な人間であることは成功する。コンセンサス(大多数)の意見に、時に正しく逆らいクリエイティビティを発揮せよ。

です。

本の中では、神童(2歳で算数をマスターし6歳で3カ国後を喋る)は突出した成功を収めることができないと言っています。

神童はルールの中で最高得点を出せますが、ルールを作り出すようなことは苦手です。

勉強をし、試験に合格しても弁護士や大企業の役員止まりです。

新しいアイデアを発想し、実際に行動に移すような人間が”オリジナル”な人間です。

大多数の意見って、大概大したものじゃないですよね。

都会に行くと人の歩くスピードが早く、地元へ帰ってきた時に都会人のように早歩きしてしまう自分が恥ずかしいです。

いつもちゃんと都会に流されます。

早歩きしている集団の中、ゆったりと周りを見渡す人間は目立ちますし、時にカッコよく見えます。

私は”オリジナル”な人間を目指していますので、コロナウイルスに騒いでいる中、マスクは着けません。

買えなかったことは内緒です。

超こえぇ…

おっさんのサラリーマンですら恥を忍んで黒マスクなんか着けちゃってんじゃん…

韓流に憧れた痛い奴か。

若い人が着けていたら”痛い奴”に見えますが、おっさんが着けていると”マスク買えなかった奴”に見えます。

不思議です。

1年中マスクを着けているオペさんがたまにいますが、あれも不思議です。

いや、あのような人こそ周りに流されない”オリジナル”な人間なのかもしれません。

本を読むと色々な考え方を吸収し、物事を多角的に捉えることが出来ます。

“黒マスクを着けた若者”のこともいつか分かる日が来るかもしれません。

(ちなみにマスクを着けずに咳をするおっさんには、恥を忍んでラファエルのマスクでも着けてもらいたいです。まじで迷惑)

そんな”オリジナル”についてより深く学びたい方はどうぞ。

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 [ アダム・グラント ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/2/7時点)

ではみなさま良い週末を^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました