終わりを思い描くことから始める【終わりは始まり】

未分類



こんにちは、匿名オペさんです。



わたしは、目標やゴールを設定することが好きです。

「7つの習慣」を見ていても【終わりを思い描く】ことの重要性が語られています。



人生においても仕事においても、ゴールや目標がなければどこに進めば良いかわからないと思います。

ジャングルで彷徨っている時

「コッチの道へ進もう!きっと川がある」

と意気込んでも、その先にはトラやライオンなどの野獣が待っているかもしれません。



1番効率が良いのは「どこに川があるのかを事前に把握すること」です。

進んだ道の先には、何が待っているのか。




さて、先日このようなツイートをしました。





終わりを思い描くことから始める 7つの習慣では 「自分の葬儀の場面を想像し、その時周りの人間にどう思われていたいか」 と書かれています。 これはゴールを設定することと似ています。 仕事でも同じく活用でき、わたしのクレーンオペレーターとしてのゴールは 「絶対に事故を起こさない」 こと



わたしの仕事におけるゴールや目標「終わり」は

「絶対に事故を起こさないこと」

です。



終わりを思い描くことの重要性に気がつく前から

「事故だけは起こさないようにしよう、それさえできていればなんとかなる」

と考えてきました。

そのおかげか、無事故歴は4年半になります。



クレーンオペレーターの方で、事故を起こしちゃう方。

人生において悩みや不安がある方。

今回の記事をぜひご覧ください。

(3分で読み終えるかと思います)



終わりを思い描くことから始める




実は「7つの習慣」では【終わりを思い描くことから始める】方法として、自分の葬儀の場面を想像することを進めています。

葬式に参加している人は、あなたの身の回りの家族や同僚、仲の良い友人です。

あなたは死んだ時、この方々になんと思われていたいですか?



「嫌なやつだった」

「いなくなってせいせいする」

こう思われたい方は、誰1人いないでしょう。



終わりは始まり

言葉だけを見ると正反対な意味ですが、まさにその通りだと感じます。



自分自身のゴールや目標を考える。

そうすることで、初めて前に進むことができます。

終わり(を考えること)は、実は始まりでもあるのです。



何かを始める際、何から手をつけていけばわからない時などは、まず終わりを考えてみるのもひとつの手です。

そうすることで、新たなアイデアが思い浮かんだり、自分のやるべきことの順番が明確になったりします。

視野も広がり考えに幅が生まれるので、オススメです。



道を決めよう

先ほど書いたジャングルの例が良い例です。

ジャングルの中を歩くことでも、ただ闇雲に歩いていては体力を消耗させてしまうだけです。

1番良いのは、まず目的を決めることだと思います。

この目的「道」です。

そしてその次に、その目的を達成するために必要な手段を決める



「水が飲みたい」

これが目的(道)だとします。

そうすると、いくつか手段が見えてきます。

・川が流れていそうな場所を探そう

・水分が豊富な植物を探そう

・雨を溜められる装置を作ろう



まずである「水が飲みたい」を決めなければ、このような手段やアイデアは浮かんできませんよね。

思い悩んだときは、とっとと道を決めてしまう。

そしてそれを達成するための手段を考え、愚直に行動する。

これが、効率よく自分の労力を抑え、成果を最大化する方法のひとつだと思います。

何に対してもこのような考え方は大切だと感じます。



終わりがわからなかったらブレてしまう



最終的なゴール(終わり)が全くわからない状況だと、どうしても自分の言動や考えがブレてしまいます。

「あれ、自分って何がしたかったんだっけ?」

「なんか、思っていたのと違う…」

「何をすれば良いのかわからない」



終わりを思い描くことで、これらを防ぐことができます。

「わたしの目的はコレだから、そのためにこの行動はやるべきじゃないな」

「ん〜手段が目的化しているな、一旦考え直そう」



時には道を選び直そう

終わりを思い描くことに固執し、目的に考えが捉われすぎるのもよくありません。

やはり、変化に順応することを求められる場面が出てきます。

最終的なゴールを思い描くことは大切ですが、それよりも大切なことは「今、この瞬間」です。



未来や過去に捉われ、今を充実させれないのは、ぶっちゃけ1番ナンセンスです。

終わりを思い描き行動し始めて「何か違うな」と違和感を感じた時は、道を選び直すことも大切です。

柔軟な対応も必要なのです✌︎



価値観マップやミッションステートメントがおすすめ

終わりを思い描く時、必要なツール、役に立つものは価値観マップです。

個人的には「マインドマイスター」と言うアプリが、使いやすくておすすめです。



書いた目標やゴール設定を、定期的に見直し自分が進んでいる道にズレが生じていないか、確認しましょう。

自分の価値観にそぐわない行動をしてしまっていた時、何が大切か見失ってしまった時。

価値観マップが、必ずあなたを助けてくれます。



長期休暇や、まとまった時間が取れる週末にぜひ一度作ってみてください^ ^

他には、自分の人生における役割を書いていく「ミッションステートメント」なんかもおすすめです✌︎



まとめ



いかがでしたでしょうか。

以上が【終わりを思い描くことから始める/終わりは始まり】でした。

この考えは、自己啓発本のキングオブキングである「7つの習慣」に詳しく書かれています。



「この本オススメです」と言うよりかは、「この本、見ないと完全に損です」と言えるくらいの名著です。

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=shishidoshi01-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B00KFB5DJC&linkId=90169929eeee0c4d2a19f1440a27266d&bc1=FFFFFF<1=_top&fc1=333333&lc1=0066C0&bg1=FFFFFF&f=ifr



今回の記事があなたにとって、少しでも有益なものになれば幸いです。

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました