永遠は短い

「永遠は短い」

AKB48のプロデューサーである秋元康さんの名言です。

永遠なのに短い、、、?

どういうこと、、、?

と初めて見た方はなると思います。

よく考えてみると

若かりし頃、彼氏彼女に

「永遠に愛してる」

といったあの頃は短い期間だった。

のような風景が浮かんできます。

このようなキャッチーな言葉を

“レトリック”

と呼びます。

他には

・良質な非常識

・生VR

・安いのに旨い

などといったものがあげられます。

ここで注意したいのは

「落差が大事」

というポイントです。

前後の言葉の”落差が大きい”ほど、その言葉は人々の頭に残ります。

そこで私も「レトリック」を考えてみました。

待機仕事後の建て方

控えめに言ってやばくないですか、、、?

恐怖すら覚えます。

私は現在

“天国のような現場”

で作業をしていますので

(個人的には人生最後の夏休みだと思っています)

この現場が終わった後のハードな作業に怯える日々を送っております…

ここは一つ

“落差の緩い”

采配をしてもらいたいものです。

キャッチコピーは好きですが、今だけ

「アンチレトリック」

の姿勢です。

高低差ありすぎて耳キーンなるわ!

今なら”フットボールアワー後藤”さんの気持ちが痛いほどわかります…

そんな水曜日…

それではみなさま明日からもお仕事ファイトですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

また次の記事で^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました