【クレーンオペレーター 】今日の作業 2/11

おはようございます。

本日は、前日に作業内容を聞く事ができず

「どうせ作業無しの15時ごろ帰っていいんでしょ。フッ」

と、たかを括っていたところ

「鳶さんの相番です」

とのこと。

油断していた昨日の自分の首を括りたいです。

安全靴の紐を括り直し、クレーンへGO。

内容は、足場の解体作業です。

組み上がった足場を、まとめてクレーンで吊り上げ、地上に降ろしてから鳶さんが解体をしていきます。

25トンラフターの仕事なら大体2トン前後じゃないですか?

本日吊り上げた足場の塊なんと3.8トン。笑

ヴェルファイア2台分くらいです。

しかもここの鳶さんはワイヤーではなくナイロンスリングを使いたがります。(扱いやすいから?)

私も見た感じ3トン前後かなと予測していたので何も言いませんでしたが、今回ばかりはワイヤーの方が良かったです。

吊り環などはもちろんなく、クランプにスリングを通す荒業。笑

今回は子フックで作業をしましたが、本来ならば親フックで、ゆっくりのっそりと作業をしなければならなかったです…

そりゃいつもの調子でブームを起こすと、荷物の遠心力感じるわけだ…

起伏シリンダも「ダッダッダッ」とか言うし、普通に怖い。

地切りの際もフルブームで作業をしたものですから1.5メートルほどブームがしなりました。

何故親フックに掛け替えたり、吊り具をワイヤーへ変えたりしなかったかというと

【久しぶりにサングラスをかけた自分が思ったよりイケていたから】

です。

安全第一を守れなかった理由としては、絶対に人に言ってはいけない理由。

久しぶりの作業に良い天気で、気分が高揚していまして。

「眩しいから今日はサングラスだな〜」

なんて思いサングラスをかけたところ

「案外イケんじゃん!」

朝から1人気持ち良くなっちゃいました。

サングラスをかけての作業はいつもの1.2倍増しで操作が上手になる”気が”します。

実際はサングラスをかけた自分に自惚れていますので0.9倍増しです。

まぁ元々の操作スキルが0の私は、何を掛けても0ですが。

午後からの作業では、作業半径が18mほどあり、流石に吊り上げる事が不可能なので半分ずつ吊ることにしました。

午後からはサングラスの自分に自惚れず、安全作業で頑張りたいと思います。

(ちゃっかり午前中は3時間待機です)

目の前にいる50トンラフターはアウトリガーすら出さずに、何故か1日待機のようなので、少々不機嫌気味の私がお送りしました。

変われ小太り!!!!!

ではまた次の記事で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました