昔の友達から電話がきたお話。

未分類

おはようございます。

 

 

昨日、久しぶりに

昔の友達から電話がきました。

今回の記事は、そんな昨日の出来事のお話しをすこし。

 

 

ぜひ、楽しんでいってください^ ^

では、どうぞ。


 

 

それは、昨日の出来事です。

 

 

夜寝る前に、いつものルーティンの”読書”をしていました。

ちなみに、読んでいた本は7つの習慣。

「あ〜今日もいい休日だった!明日からまた頑張ろう」

 

 

なんてことを考えながら、読書をしていました。

するといきなり、ライン電話が鳴りました。

 

 

「テレテレテテテンッ♪テレテレテテテンッ♪」

 

 

あのおなじみの着信音です。

普段から、あまり人と連絡をとらないわたしの電話が鳴るとすれば、会社か親か親友かです。

「ちょうど昼間にラインをしていた親友からかな〜」

そう思い携帯を手にとりました。

 

 

すると、画面には昔の友達の名前が。

 

 

着信相手は、わたしが3年半前に車で横転事故をおこしたとき、助手席に座っていたヤンチャな後輩です。

事故のケガは、鼻を折っただけでよかった…

 

 

そのときの記事はコチラ↓

 

 

画面を見た瞬間、なぜだかわかりませんが

「ドキッ」

と、しました。

もちろん事故の後も、1年ほど普通に遊んだり付き合いはありましたよ。笑

 

 

ここ1〜2年ほど顔も見ていなければ、遊んでもいません。

連絡すら、とっていませんでした。

そんな久しぶりの相手からの電話って、なぜだかドキッとするものですよね。笑

 

 

一瞬、電話にでるか迷ったものの

「さすがに無視するのはなぁ…」

と思い、電話にでました。

素直にすぐ出ろ。笑

 

 

わたし

「もしもし〜」

後輩

「ウェーイ!なにしてるん〜!?(超ハイテンション)」

1.2年ぶりだけど、まさかの当時のノリのままで、きました。笑

ちなみに全然タメ口です。笑

 

 

わたし

「何もしてないよ〜何、どうしたの?暇電?」

後輩

「今、かける(わたしと同い年の友達)と名古屋にいてさ〜暇電〜。笑」

わたし

「名古屋?なんで?」

SNSのフォローも外しておりますので、後輩とかける(同い年の友達)の現状が、まったく掴めないわたし。

 

 

後輩

「先輩に、3人で一緒に仕事しようって誘われて来たんだけど、結局一緒に仕事せずにみんなバラバラな仕事してる〜たぶん先輩に騙されたわ。おれは○○の送迎してて、かけるはキャッチの仕事してるわ。笑」

と、後輩。

 

 

わたしと遊んでいたころ(14〜18歳)は

「解体屋、鉄筋屋、鳶」

などの体を動かす現場系の仕事をしていた奴らでしたが、今ではすこし路線を変えて、よりディープでグレーなお仕事をしているそうです。

はたしてこれは、仕事といって良いのか…?笑

 

 

オイオイ、なおさら”そっち方面”にいっちゃった感じ?

もう22か21歳だろ?

いつから?

なんで?

 

 

様々な質問が頭に浮かびましたが、そんなことは口に出さずに、グッと堪えて

「なんやそれ!笑」

と、一言だけ。

 

 

後輩

「なんか色々むちゃくちゃだよ。笑 ○○は(わたし)まだクレーンの仕事してんの?あそこの会社?」

わたし

「クレーンに乗ってるよ、会社も同じ、いま○○県に出張してるよ〜」

後輩

「まだ同じ仕事してるんだ、あ〜なんかInstagramで(わたしの個人アカウント)地元出るとかそれっぽいこと言ってたなぁ、てか外人ぽいストーリー投稿さんのやめろよ!笑」

と、からかってきました。笑

 

 

外人ぽい投稿すんのは、別にいいじゃん…チェッ…

と、思いつつ

「外人ぽい投稿なんてしてた?ってか、コロナでしばらく帰って来れなさそうだね。いつまでいるの?」

と、いじられるのが嫌だったので、話を変えました。笑

匿名オペさんアカウントのInstagramは、そんなことないですよね…?ね…?

 

 

後輩

「しばらくいるよ〜名古屋は、人口の割合的にはコロナまだ落ち着いてるほう。そっちはいつまで出張なの?ってか喋り方変わったななんか!笑」

わたし

「こっちもしばらく出張かな〜うそ〜?変わった?」

 

 

後輩

「そうなんだ。一個しか違わないのに喋り方、大人っぽすぎるわ!もう、昔の友達とあんまり遊んだりしてないんだっけ?」

わたし

「遊んでないな〜久しぶりに声聞いたけど、元気そうでなによりだわ」

後輩

「そっか〜。だから、元気そうでなによりとか大人ぶるなって!笑 まぁまた連絡するわ」

わたし

「おっ、分かったよ!お元気で〜」

 

 

このような会話を交わし、電話を切りました。

時間にして約5分。

短い電話でしたが、わたしからすると中身の濃い電話でした。


 

 

以上が、昨日の電話です。

 

 

この記事で、1番言いたかったこと。

それは、、、

 

 

恵まれてるなぁ。

 

 

この言葉を言いたいがために、記事にしたと言っても過言ではありません。

 

 

連絡はとらないし、遊ばないし、SNSのフォローすらも外している。のにもかかわらず

「暇だから」

という、たったそれだけの理由で電話をかけてくれました。

 

 

おそらくわたしのことが、すこしでも2人の会話の話題にあがったのでしょう。

“謝り”たいと”感じ”ている。
で、感謝ですか…。
深すぎて、深海魚すら溺れちまうゼッッッ(?)

 

 

ちなみにかけるは、少年院に1年ちょっと(2年近くだったかな)入っていたようなやつ。

助手席で鼻が折れた後輩は、少年院まではいかなかったですが、鑑別所を行ったり来たりしていました。

対向車線のひね(警察)煽る‼︎ハイ、ハイ、ハイハイハイ‼︎あるある探検隊‼︎って、笑ってたのが懐かしい

 

 

そんな2人の会話に、すこしでも話題にあがった。

つまり「気にかけてくれた」のでしょう。

 

 

今こそ交流はありませんが、そんな2人からの電話が、すごく「恵まれてるなぁ」と感じた瞬間でした。

たぶんこれからも交流はないですが。笑

ないんかい‼︎笑


 

 

 

周りの環境に感謝を忘れず、これからも過ごしていきたいです^ ^

案外しあわせって、目の前にあるかもよ?

 

 

コロナウイルスで大変な時期ですが、みなさま心は強くポジティブに保ちましょう‼︎

体調にお気をつけて、ゴールデンウィークをお過ごしください^ ^

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました