幸せになる勇気:心のプロテイン

「幸せになるなる勇気」

昨日紹介した「嫌われる勇気」の続編のようです。

この本を読む目的は

・昨日「嫌われる勇気」を読んだから

・「幸せになる勇気」という言葉が昨日の本の中にも出てきていたから

・「嫌われる勇気」は難しく、より理解を深めたいから

本の内容を要約しますと

他人を心から尊敬し、ダンスをする様に「いま、ここ」を生きろ

です。

他人を尊敬するということは私もすごく同意です。

中学生の頃から意識しています。

一応。

本の中では、尊敬=信頼と書かれておりまた、信頼とは「与えること」とも。

そして名言

「与えよ、さらば与えられん」

もありました。

信用は何か担保を用意して信じることであり、信頼とは担保無しで信じることだそう。

そして、人間は動物の中で唯一

「身体の成長が心の成長に追いつかない」

らしい。

つまり、子供でも心は立派な大人ですので、対等に接することが大切です。

この部分に、「嫌われる勇気」にも書かれていた”ほめない、しからない”の本質がありました。

そのような態度をとることで、子供も「認めてもらっている」と感じ、人間関係が良くなるそうです。

本書は「嫌われる勇気」を見た人は必ず見た方が良いです。

何故なら理解がうんと深まります。

正直「嫌われる勇気」を読んで理解出来る方は、ほぼいないと思います。

ですので後編とも言える「幸せになる勇気」オススメです。

最初は少し宗教的と感じるかと思いますが、”アドラー心理学”にみなさまも是非触れてみてください^ ^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え2 [ 岸見一郎 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/1/19時点)

楽天で購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました