クレーン操作は人である

お疲れ様です。

今日、待機中に同じ現場にいるラフタークレーンをボーッと遠くから眺めていました。

まぁ上手いこと。

親フックなんて全然揺れてないし、自分の運転が恥ずかしくなるくらい。

きっと手足の様に動かしているんだろうな〜なんて感心していました。

休憩時トイレに行く為、作業中のラフタークレーンのすぐ隣を歩いていました。

するとビックリ。

まあ雑なこと。笑

トラックの荷台のあおりには当てるし、フルアクセルなのにジワーーーーっと動かしているし。

そりゃ親フックも揺れないわ。笑

遠くから見てると「上手い」のに、近くで見ると「そうでもない。」

これって「人」と似ていません?

遠くから見たら「イケメン(美人)」なのに近くで見ると「そうでもない。」

化粧をしていると「可愛い」のにスッピンは「○○」

おっと失礼。

知り合い程度の頃は「良い人」なのに仲良くなってくると本性が現れて、「嫌な奴」だったり。

逆に、仲良くない頃は「嫌そうな奴」だったのに喋ってみると「良い奴」なことも。

多分私の操作はこっちです。笑

親フックがまあまあ揺れていますので、遠くから見ると「下手くそ」かもしれません。

トラックのあおりには当てませんけど。

人間関係もクレーン操作もある程度の距離を保って見ているのが1番心地良いのかもしれません。

また一つクレーンから学ばさせて頂きました。

今日の一句

・現場内・クレーンにあまり・近づくな

本日もご安全にᕦ(ò_óˇ)ᕤ

コメント

タイトルとURLをコピーしました