たちばなし

今日、仕事終わりにガードマンと5分ほど「立ち話」をしました。

私は会話をするのが得意でもなく不得意でもなくといった感じで、わりと聞き手側に回る事が多いです。

いわゆる聞き上手です。

これは自負しております。

聞き手側としては、相手が楽しそうに喋ってくれると心地良い。と感じます。

今日話していたガードマンも凄く楽しそうに喋っていました。

コッテコテの関西弁です。

リズムよく喋る様は、吉本興業の芸人さんを見ているかのようでした。

あんまりテレビ知らんけど。

逆に、喋っていて苦痛に感じる人の特徴はこうです。

・何か他に話したい事があるのか?もう話終わって、別れの挨拶を言っていいのか判断しづらい時。

要するに、何が言いたいのか明確に伝わってこない時です。

これは、文字にして伝えるのは少し難しいので、ブログに書くべき事柄ではなかったのかもしれません。

ですが、そのようなことを言い始めると、私のブログ自体、出だしで転んでいるようなモノです。

なのでここからは寝転がって書きます。

私のブログも「何を言いたいのか明確でない時」が多々有ります。

ですが書き手の私からすると、そのような事を言われた際は

「立場無し」

です。

まるで

“NHKから国民を守る党”の

「立花氏」

です。

今日「立ち話」をしたガードマンさんが、そのような”つまらない話”をする人じゃなくて、良かったです。

だってこんなにも、寒い日に外で

「立ちっぱなし」

だし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました