これがなきゃ方位磁石なしで富士の樹海に行くようなもんマインドマップ:通称【価値観マップ】

おはようございます。

“サッカー部ぱっと見イケメン、野球部は遠目でディグダ”

さっそく失礼なわたしです。

野球部にはなんの恨みもありませんが、夏休み明けのヤツら「まじ、ディグダだから」。

さて、ディグダの話は置いておきまして今回の記事では

マインドマップ

について詳しくお話しさせていただこうと思います。

マインドマップとは

マインドマップ: mind map, mindmap)とは、トニー・ブザンが提唱する、思考表現方法である[1]。頭の中で考えていることを内に近い形に描き出すことで、記憶整理発想をしやすくするもの[1]

Wikipediaから引用

つまり

あなたの頭の中、心の中、考え方を一度さらけ出してみましょう。

というものです。

書き方はさまざま。

紙に書き出すのも良し、アプリを使って携帯に打ち込むのも良し(ちなみにわたしは後者です)

頭の中を「見える化」することで、人生において迷ったときや落ち込んだときの対処法が、自分の考え方をもとに導きだすことができます。

ググったら出てきた
【ぱっと見ピカソ】

わたしが初めて作成した時は2019年の9月ごろ。

初めて自分の頭の中や考え方を”見える化”したときの感情は非常に楽しかったです。笑

友達に質問を問いかけてもらいながら、時間をかけて作成しました。

客観的に自分を見つめ直すこともできて

「あ、自分ってこういう考え方が軸になって生きているんだ」

と、気づくことができました。

あれから半年…

個人的に”生き方”が変わり、様々な本を読んだり経験をしたことによって、考え方もかなり変わりました。

過去のマインドマップを見直すと、今と考え方がかなり違うことに気づき、改めて作りなおすことにしました。

過去の自分は

「あなたは何を大切にして生きていますか?」

の問いに対して

「他人から羨ましがられる」

と答えていましたが、今は

「他人の目は気にしない」

と、180度変わった考え方になっています。


仕事でイライラした時、辞めようかと思った時、人生において大きな決断をせまられた時。

定期的に見直すことによって”これがあるから大丈夫”といった、安心感も得られます。

夫婦で作ったり友人と作ったり。

お互いに質問を問いかけながら作るのが良いです^ ^

もちろん“無料”で作ることができますので、いま一度、自分の考え方を整理するためにも、1時間ほど時間を確保してじっくり作成してみてください。

「マインドマップ」

と、YouTube検索をすればやり方動画がたくさん出てきますので、興味のある方はぜひ^ ^

それでは今回はこの辺で。

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました