【読書家】社会人が読書をしないと損な理由 【人生変わります】

心のプロテイン

まだ読書をする習慣がない方へ。



「よく巷では”読書をするべきだ”と勧められているが、イマイチ理由がわからない。最近ではYouTubeで学べるコンテンツも充実しているし…

そもそも何から読めばいいの?具体的な読み方を教えて!」



こういった疑問にお答えします。

先に結論をぶっちゃけますと、読書をしないと人生損します。



■本記事の内容

・読書をしないと人生損

・習慣化の方法

・まとめ



この記事を書いているわたしは、そこそこの読書家。

毎月10冊程度は読み、年間で100冊以上本を読んでいます。



本業はクレーンオペレーターで、よく現場側から

「明日はほぼ待機になるから、本を用意しておかないといけないね^ ^」

と言われ、周りの人間も認知しているほどの読書家です。



本を読み始めてから、明らかに人生が良い方向へ進みました。

まだ読書が習慣にない方は、今回の記事をぜひご覧ください。




社会人が読書をしないと人生損な理由



日本はよく「世界で1番学ばない国」だと言われます。

理由はカンタンで

・小学校・中学校・高校・大学

を卒業して社会人として働き始めると、途端に勉強をやめてしまうからです。



読書は教養の一種です。

周りが勉強をしていない中、読書をすると「差」が生まれるのは当たり前ですよね。

勉強しない方に回るのか、読書をして周りと差をつける方に回るのか。

どちらを選択すれば人生がよりよくなるのかは、目に見えています。



そんな素晴らしい読書のメリットを、ご紹介いたします。

メリットがわからなければ、読書をし始める行動にうまく結びつかないでしょう。

わかりやすいように箇条書きで書いていきます。



  • 読書をすることで何人もの人生を疑似体験できる
  • 多種多様な考え方を吸収できる
  • 世の中の動きが読める→自分がすべき行動が明確になる
  • 心が豊かになる
  • 新しい視点で物事を捉えられるようになる(パラダイムシフト)
  • 専門知識が学べる
  • 他人の考えていることがわかる
  • 人を動かす人間になれる
  • お金稼ぎに直結することがある
  • 過去から学び、未来をより良くできる



パッと思いつくだけで、このくらいはあります。

デメリットで思いつくとすれば「時間とお金がかかる」ことです。

ですがこの二つを自己投資と捉えると、未来をより良くするために必要な出費だと感じることができます。





☑︎お金持ちは読書をしている

コレは世界中でよく言われていることです。

ビルゲイツやウォーレンバフェットなど、億万長者が読書家である話は有名です。



こんな研究結果も出ています。

・お金持ちの88%が1日30分以上ビジネス書などを読む(「年収300万以下層」は2%)

・お金持ちの86%が読書家である(「年収300万以下層」は26%)



お金持ちの約9割が、1日30分以上読書をしているそうです。

目標やゴールを決めたらTTP(徹底的にパクれ)です。

もしあなたが将来お金持ちになりたいのなら、1日30分以上の読書をまずは習慣化してみてください。



わたし自身も読書をするようになってから、月収が¥50,000以上UPしました。

(年収で言うと100万円以上UPしました)

コレは環境の変化も大きいですが、その環境に飛び込む決断ができたのは

「普段から読書をして、様々な考え方を学んでいたから」

です。



人生は意思決定の連続で成り立っています。

「今日は何をしよう?」

「3年後の自分は何をしているだろうか」

この意思決定の質を上げることは、読書をすることで身につきます。

人生をより良くしたい、あるいはお金持ちになりたいのなら、今すぐAmazonで本をポチるか本屋へ行き読書をしましょう。





☑︎インプットとアウトプットの割合

ここまで読書の素晴らしさを書いてきましたが、実は本を読むだけでは

「本を読むこと自体が目的」

になってしまい、求めている結果は出ません。



あなたが本を読む目的は「人生をより良くしたい」などですよね。

それならその目的を達成するための手段として、読書をするべきです。

より効率良く読書を活かしたいのなら、アウトプットは必須です。



よく言われているインプットとアウトプットの割合は

3:7

インプットが3で、アウトプットが7です。



アウトプットとは

・書く・話す・行動する

と言うこと。




今からオススメのアウトプットの方法を書いていきます。

やはり1番のオススメは、わたしのようにブログをはじめて記事を書いていくことです。

しかしコレは、かなりハードルが高いでしょう。



お手軽に始められるものとすれば

・ Twitterで本の内容(良いと思った部分)をツイートする

・同僚や友達や家族に本の内容を話す

・本に書かれていることを実際に行動する



Twitterは140字の制限がありますので、要約力も一緒に身につきます。

人に話す場合は「昨日起こった出来事」のように話すことがオススメです。

実際に行動することは、おそらくハードルが高いでしょう。

コツとしては「本の内容を疑わずにとりあえずやってみる」ことです。

行動した先に見えてくるものがあります。

まずは行動しましょう。






習慣化の方法



わたしが実際にしている習慣化の方法は

3週間続ける

です。



リーダーシップ論の世界的権威であるロビン・シャーマは

「人間は3週間、何かを続けることができれば、その行為は習慣となり、3週間後には無意識にその行為を続けることができる」

と言っています。



わたし自身も実際に試してみて、効果を感じる期間がこの「3週間」です。

無意識に続けることができるようになれば、それまでその行動に使っていた体力や集中力を、また別のことに使うことができます。

良いサイクルの循環です。

とりあえず、期間は3週間を意識して、読書をしてみてください。



そのほかに習慣化を助けるオススメの方法は

if thenルール

というものがあります。



コレは

if:シャワーに入った後、髪を乾かす

then:読書をする

といった、2つの行動を結び付けるものです。



ifの行動が「食べる」などの嬉しい、気持ち良い感情があるものだと、なおさら続けやすくなると思います。

詳しく知りたい方は、こちらの本を読んでみてください。

習慣化を良い方向に身につけ、人生をより良くしましょう。





☑︎お金稼ぎに直結する読書法

あなたが今、お金を稼いでいる仕事や副業に関する本を読むことが、1番手っ取り早いです。

コレからやりたい副業などでも構いません。



わたしで言うなら「輸入転売」を副業の一つとして行っております。

コレらはメルカリを通して販売していますが、なかなか思うように売れない時期がありました。

そんな状況を打破すべく「マーケティング」や「キャッチコピー」に関する本を5冊ほど読みました。

すると解決に繋がるテクニックや考え方が書かれており、実際に売れ行きも好調になっていきました。




わたしの例は一例に過ぎませんが、こういった本の読み方をあなたにもオススメします。

本は「読む」のではなく「活かす」

どんどん知識を身につけていきましょう。





☑︎新しい行動を始めたときは、それに関する本を読むべき

あなたがコレから株式投資をはじめたいとします。

そういった場合は、株式投資や投資に関する「古典」と呼ばれる本を何冊か読むことを強くオススメします。

古典には、昔からの原則が書かれています。

この原則は、先人が身をもって体験したことから学んだ事象です。



株式投資なら・株式投資の未来・ウォール街のランダムウォーカー・投資の大原則

この辺りは必須でしょう。




投資をはじめたいけれど、何から勉強して手をつければ良いのかわからない…

株式なのか、FXなのか、不動産なのか、金なのか。

新しい行動を始めるときは、投資にかかわらず、本を読み学びましょう。




まとめ



わたしは読書をするようになってから、本当に人生がより良い方向に進みました。

今回の記事を見て、すこしでも読書をする方が増えれば嬉しいです。

最後に、わたしのおすすめの本をご紹介させていただいて終わりにします。



今回の記事があなたにとって、すこしでも有益なものであったら幸いです。

それでは良い1日をお過ごしください。

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました