【経済的自由】セミリタイア生活とは?

投資
Illustration of people with money

セミリタイア生活について興味がある方へ。



セミリタイア生活って、最近よく耳にするけれどどういう生活だ?

具体的にはいくら必要なの?

どうすればできるの?
というか、匿名オペさんはそこを目指しているの?



こういった疑問にお答えします。

先に結論をぶっちゃけますと、わたし(匿名オペさん)はセミリタイア生活を目指しています。



■本記事の概要

・セミリタイア生活とは?

・いくら必要?

・あなたが今からすべきこと

・まとめ



この記事を書いているわたしは、毎月¥100,000を株式に投資している投資家。

実はこの「毎月¥100,000投資生活」も、目標であるセミリタイア生活に大きく関わっています。

今のペースで行くと、20代でセミリタイア生活の達成が射程圏内に入っているのではないかと感じております。

(今後始めていくオンラインサロンでは、そのような情報もどんどん発信していきます)



セミリタイア生活に興味がある方は、今回の記事をぜひご覧ください。



セミリタイア生活とは?



セミリタイア生活をカンタンに言うと、資産所得が生活費を上回った状態のことです。

資産所得とは、株式から得られる配当金や、不動産から得られる家賃のことを言います。

カンタンな計算としては、生活費×25倍。

年間の生活費が120万円なら3,000万円が必要ということになります。

年間生活費を120万円に抑えるのも、3,000万円の資産を貯めるのも超無理ゲーに聞こえますね。

先ほど”今のペースで行くと、20代でセミリタイア生活の達成が射程圏内に入っているのではないかと感じております。”と書きましたが、わたし自身もこの資産を20代で貯めるのはほぼ確実に無理。笑

そこで、わたしが目指している生活はサイドFIREという生き方。



サイドFIREとは?

最終目標が「全く働きたくない人」なら別ですが、わたしは仕事が好きです。

このブログを書いているのも、好きだからこそ続いています。

(というか、そもそも人は仕事をしたくなる生き物)

なので、生活費を完全に資産所得だけで賄う必要はありません。

半分くらい賄えれば良いかなと思います。



先ほどの3,000万円の半分なら1,500万円。

この金額ならわたしの場合、20代で達成可能です。

もう半分の生活費を、好きな仕事をして稼いでいく生き方。

わたしが目指している場所はココ。



働かなくても良いのに働く状態か、働かなければいけないから働く状態か

働かなくても良いのに働く状態は、精神的な安定が桁違いだと思います。

働きたくない気分の日は、仕事を休んじゃっても良い。

旅行に行きたいのなら、長期のお休みを勝手にとっちゃっても良い。

今働かなければいけない状態でないのなら、クソな上司やクソな会社にしがみ付く必要はありません。

腹が立ったのなら、大事な商談の日に仕事をサボってやってもいいのです。笑(これは、さすがに極論ですけどね)



いくら必要?



さて、わたしが目指すサイドFIRE生活には、一体いくら必要なのでしょうか?

先ほど1,500万円と言いましたが、正確にいうと配当を生み出す資産で1,500万円が必要です。

預貯金なんかがいくらあっても、全く無意味です。

株式から得られる配当の目安は、一般的に4%~7%と言われています。



配当金生活と取り崩し生活の2パターン

株式投資の中の投資信託では、分配利回り(配当金)が出ないものもあります。

配当金が4%~7%出るものなら、そのまま持ち続けていれば良いですが、投資信託の場合は取り崩していく必要があります。

有名なのが4%ルール

詳しく知りたい方は、この本を絶対に読むべき。

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=shishidoshi01-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B0855P4T9N&linkId=354167b9b8648040ab5c27bace0eb6a4&bc1=ffffff<1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr



4%ルールをカンタンに説明すると

「資産から4%だけを毎年取り崩して生活していけば、あなたの資産が減ることはないですよ」

というものです。

むしろ増えていく場合もあるのだとか。

少しでも興味のある方は、先ほどの本を読んでみてください。

セミリタイア生活がより明確に想像できます。



生活費の半分を稼げば良い

生活費が15万円なら、その半分の8万円を稼ぐだけで良いのです。

会社は辞めているでしょうし、時間だけはたっぷりとあります。

どんな仕事をしても良いのです。

コンビニバイトをしても良いですし、自分の好きなことの発信をしてお金を稼いでも良い。

だってあなたには、毎月7万円が入ってくる資産があるのだから。



あなたが今からすべきこと



わたしが考える優先順に箇条書きで書いていきます。

今日からこの行動をして、セミリアイアに一歩近付きましょう。



・固定費を見直す

・お金の勉強をする

・事業(副業)を始める

・株式投資を始める

・自分の理想を思い浮かべる(価値観マップを作る)

・目的を明確化する



シンプルでカンタンですが、ここができていないと経済的自由には近づけません。

「お金の勉強をする」と書きましたが、あまりに抽象的ですので、オススメ書籍を貼っておきます。

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=shishidoshi01-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B0876WHDDF&linkId=c16e0bd0b59219895cfb7c37e7e2964c&bc1=ffffff<1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr
https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=shishidoshi01-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B07Y5D8WF4&linkId=814eb61aad345b9d1f419a9c5328959b&bc1=ffffff<1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr



たった1,000円ちょっとを自分の知識のために使えない人は、確実に経済的自由を達成できません。



事業(副業)を始める

ここまで株式投資の話をしてきましたが、厳しいことを言うと資産運用に夢を見るのではなく、事業を作ってしまった方が手っ取り早いです。

10万円の初期費用で始めたビジネスを300万円で売却できれば、利回りで言うと3,000%?

間違っていたらすみません。。。

どちらにせよ、投資に夢を見るのではなく、ビジネスを作ってしまうことが1番手っ取り早いのは確か。

今すぐ副業をはじめましょう。



株式投資を始める

副業を始めつつ、株式投資も始めましょう。

よく「投資元本が少ないのに投資をするのは無意味」と耳にしますが、わたしはその意見に反対派。

投資元本が少ないうちから実際に投資に触れてみて、慣れていくことが大切だと感じます。

それこそ中高生のうちから、少しづつ投資に触れてみることも大切だと思います。

投資元本が少ないのなら、例え失敗してもたかが知れていますしね。



まとめ



いかがでしたでしょうか?

以上で今回の記事を終わります。

少しでも、あなたの参考になれば幸いです。



ともに、経済的自由に一歩ずつ近づいていきましょう。

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました