【毎月10万円貯める】6つの方法

おはようございます。

コロナショックでリストラ、給料カット、内定取り消し…

人それぞれ、不安になることがたくさんあるかと思います。

そこで、その不安を解消、少しでも和らげるもの。

それが

生活防衛資金

です。

これは諸説あるのですが大体、毎月かかるお金×6〜12ヶ月分の金額だと言われています。

毎月20万円必要な方なら120万円〜240万円。

この金額が「生活防衛資金」です。

みなさまは生活防衛資金ありますか?

ない。

と答える方がほとんどだと思います。

ちなみにわたしはあります。

(自慢じゃないから許して)

「そんなお金どっから出てくんだよ!」

みなさまの心の声が聞こえてきます。

大丈夫。

19〜20歳のころ、わずか1年で貯めれたわたしがいますから。

1年間【毎月10万円貯める】ことができれば、生活防衛資金は半年〜1年の間で確実に貯まります‼︎

ぜひ3分だけでも。

いや、200秒。

いや、500秒だけでも!

※秒数にしてトータル増やすな。

500秒→8.3分お付き合いください。知らんけど。

どうぞ


貯金をするには「収入あげるか、支出をさげるか」しかない。

これが事実。

どちらか一方、もしくは両方です。

収入は簡単にあげることはできませんから、1番手っ取り早い方法は「支出をさげる」こと。

支出を下げる方法を6つご紹介いたします。

1.家賃を下げる(実家暮らし)

2.車を安いものに替える(ローンの支払いをやめる)

3.服を買わない

4.自炊する

5.無駄な保険の解約

6.格安SIMに乗り換える(※注 わたしもまだ。)

賛否両論あると思いますが、わたしの考えは以上の6つになります。

この中でわたしが実践したのは1.2.3.4.5番です。

「家賃を下げる」については、元々実家暮らしでしたので、クリア。

「車を安いものに替える」は、元々軽四のオンボロになっていたのでクリア。

「服を買わない」は、元々そんなに買わないのでクリア。

「自炊する」は、元々体づくりのために自炊していたのでクリア。

「無駄な保険を解約」は、元々県民共済(月¥2,000)にしか加入していないのでクリア。

全部クリアしていたんやないかい!笑

(根がミニマリストで、すみません…)

いつまで3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)にとらわれているのです。

格安SIMに乗り換えれば、毎月¥5,000〜¥10,000の節約になります。

1年でなんと¥60,000〜¥120,000。

使い心地が変わらないのになぜ替えないのですか?

※自分が替えてから言え。

この6つの方法を聞いて

「そんな人生楽しくない!」

と、お考えのあなた。

当たり前やろ!毎月10万円貯めるんやぞ!

っと…すみません。

心の声が。

ですが、毎月10万円貯めるということは並大抵の努力ではありません。

これもまぎれもない事実。


人生100年時代のいま。

半年〜1年の間、少しくらい我慢してみませんか?

そうすることで一生とは言いませんが、しばらくの期間、心に余裕が生まれることになります。

今回のコロナショックでも、慌てずに心穏やかに過ごしている人もいるのです。

“歴史は繰り返す”きっと、これからの未来でも今回のような「新型ウイルス」や、大地震などの自然災害が起こるでしょう。

そのような時、今のあなたのように焦ったり慌てたりしたくないのならば半年〜1年の間、我慢してみましょうよ。

わたしはそう思うのです。


今回の記事では

【毎月10万円貯める】6つの方法

をご紹介いたしました。

少しでもみなさまのご参考になると幸いです。

それではみなさま、体調にお気をつけてお過ごしください。

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました