【新米クレーンオペレーター】のころの話。それいけクレーンオペレーター‼︎

“わたしが作業前にあいさつをすると、みんな不安そうに見ていました。でも、いざ作業を開始すると、今度はあっけにとられたのです。”

おつかれさまです。

わたしは高校を卒業して、すぐに「クレーンオペレーター」になりました。

練習機の12トン。
人生で初めて撮ったクレーンの写真

なぜクレーンオペレーターという職業を選んだかは

クレーンオペレーターになったきっかけ

コチラの記事をチェック☑︎


高校卒業したての頃のわたしといえば

・眉毛は薄め

・ぱっと見が全体的に若い

・今よりも細身

など、職人から「なめられる」要素がたくさんありました。

「オペさぁーん?コレ吊ってあっちに持っていきたいんだけど、いけるぅ〜?」

※肩ユラユラしながら。

こんな風に話しかけられるのは日常茶飯事です。

ですが、乗り始めからわりとセンスを発揮していたわたしは、いざ作業を開始するとガンガンにアクセルを吹かし、ピタッと目の前で吊り荷をとめてやりました。

すると、どうでしょう。

職人の態度は一変。

優しい手合図と、”普通の態度”で接してくれました。

ここにきてやっと”普通”レベルに接してもらえます。

そのくらい10代のオペさんはなめられます。

これは間違いなく。

ですが、何も不安がることはありません。

それなりのクレーン操作

コレができれば職人は”普通”に接してくれます。


木造建て方に行くと大工さんから

「住宅レッカーはしたことあるの?」

(まず、住宅レッカーってなんやねん。)

と、厳しくいうと

「おまえ、大丈夫?」

と、作業前にあいさつをしに行くとそんな態度。

腹が立ったわたしは”通し柱”を、ブワァーっと巻き上げピターッと、大工さんの目の前で止めます。

すると、やはり大工さんの態度は一変。

一服時間になると

「レッカーさんもお菓子食べて^ ^」

と。

新人のころは”大工”に悩まされることも多々あると思います。

もちろんそれ以外の心ない職人にも。

クレーンオペレーターは「出来て当たり前」だと思われがちです。

少しでもミスをすると「キッ」と、コチラを睨み付けてくる輩もいます。

そうならないためには、やはり練習&練習。

揺れない操作方法

というものが、実はわたしは分かっていて、なんとなく人に教えられるレベルで頭の中にあります。

いつかYouTubeやnote記事で公開できるといいなぁ。。。

クレーン操作に悩む方は

「クレーンは揺れるけどコントロールできるもの」

という意識をもって操作をしてみてください^ ^

必ず揺れはとまります‼︎

“吊り荷の揺れ”で、心を”揺さぶられない”ように、気をつけてください。

※感情は指にでます。


少しでもクレーン操作に悩む方が、減りますように。

わたしも引き続き発信していきます‼︎

それではみなさま明日からもご安全に。

また次の記事で

まだ現場にでる前の練習中。
一生懸命動画を撮ったのを今でも覚えています。笑

コメント

  1. […] 似たような記事なのでぜひこちらもチェック‼︎ […]

  2. […] 似たような記事なのでぜひこちらもチェック‼︎ […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました