【新人クレーンオペレーター】が陥りがちな落とし穴 クレーン操作編

おつかれさまです。

“先輩ヅラしてくるオペさんだいたいそんな上手くない”

5年目にしてそう悟ったわたしです。

1年目の頃は先輩ヅラ(良い意味で面倒見の良い)してくるオペさんは「優しい」と思っていましたが、いまだにそのような態度でこられると「うっとうしい」と感じるようになりました。

そんなわたしが「新人オペレーター」向けに発信をしているのは”先輩ヅラ”ではないのか…?

細かいことは置いておきましょう。笑

今回の記事では

新人オペさんが陥りがちな落とし穴

についてお話しさせていただこうと思います。

走行中、クレーン操作中、社内でのコミュニケーション。

さまざまなシチュエーションがありますが、全てを一つの記事にまとめると大変長くなりますので、今回は「クレーン操作編」ということでお話させていただきます。

リアルに落とし穴にハマっちゃった(?)
農道でUターンをしようとしたら、地盤が軟らかく田んぼに倒れかけた
1年目の夏。
別の記事か走行編のときに詳しく解説します‼︎

あくまでも個人的な意見として、参考にしていただけると幸いです。

では、どうぞ


クレーン操作編

  • せっかちな合図に惑わされる
  • 現場の空気にのまれる
  • クレーンセットを急いでアウトリガー下の地盤の養生をおろそかにするor軽視する
  • 思い込みで動かしてしまい事故につながる(ヒヤリハットで終われば良いですが…)
  • 少しの揺れでテンパる
  • ウィンチドラムの乱巻きに気づかないor軽視する
  • 携帯に夢中になって職人が呼んでいることに気づかない
  • 太陽に目がやられる
  • 無線機の接続の悪さにイライラする
  • たまに出す”マゴ”にブチのめされる
  • ミニラフター特有の”建屋内作業”で伸縮操作や5本操作に悩まされる
  • 急なコンピューターのエラーにテンパる
  • 待機の長さにビビる(本当にこのままでいいのか不安になる)
  • 1日中レバーを触ることで指が痛くなる(割とすぐ慣れます)
  • イライラしている時は揺れ、不安な時は慎重な操作になることで、感情は指に出ることを学ぶ
  • 初めての経験だらけで怖い時もある
  • 怖いときはアクセルが吹かせないことに気がつく
  • 風や雷が嫌いになる
  • 電線も嫌いになる
  • 年寄りが嫌いになる(特に大工さん)
  • 首が痛くなる
  • 指差呼称、点検の大切さを知る
  • なぜかグリスが服につく

長々と書き連ねましたが、パッと思いつくのはこのあたり。

今回の記事は「陥りがちな落とし穴」ということで、ネガティブ面が多くなりました。

ですが、もちろんポジティブな面もたくさんあり(達成感、満足感、クレーンが好きになるなど)続けていくと、そのうち「辞められなくなる」ような職業ですので、諦めず継続してください。笑

ポジティブ面の記事も、そのうち作成したいです^ ^

1年目は何かと大変なことがあるかと思いますが、困ったときは先輩オペさんなり周りの人間に聞いたり、わたしにTwitter、InstagramでDMをくださってもかまいません^ ^

お気軽にどうぞ。お待ちしておりますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

それではみなさま本日もご安全に。

また次の記事で

コメント

  1. […] 前回の記事はコチラをチェック […]

  2. […] 【新人クレーンオペレーター】が陥りがちな落とし穴 クレーン操作編 […]

  3. […] 【新人クレーンオペレーター】が陥りがちな落とし穴 クレーン操作編 […]

タイトルとURLをコピーしました