【初心者向け】クレーン振れ止め/クレーンの揺れを止めるカンタンな方法 画像付き

クレーンのすべて

おはようございます。

 

 

今回の記事では

クレーンの振れ止め

クレーンの揺れを止める、カンタンな方法をご紹介いたします。

 

 

わたしも初心者のころや、ヤード内での練習中は本当に苦労しました。

それこそ一日中、クレーンのフックや吊り荷の揺れを止める練習をしていました。

みなさまも経験があると思います。

 

 

理屈でわかっていても、その通りにいかないことってありますよね?

わかっちゃいるけど辞められない…そう。それは恋…

やはりある程度は、現場にでて職人さんや難しい作業に揉まれながら、体で覚えるものです。

しかし、文章にして頭で理解していれば助かることがきっとあります。

 

 

オペさんの中には「勘」や「感覚」で、クレーンに乗っているかたも多数いらっしゃいます。

今からその

「勘」

「考えるな、感じろ」

の部分を、文章で説明いたします。

 

 

今回の記事がすこしでも、あなたの参考になれば幸いです^ ^

それではどうぞ‼︎


 

 

クレーンの振れ止めの方法とは?

クレーン車は、フックや吊り荷を”ワイヤー”によって吊り下げています。

この吊り荷は「鉄筋」
ちなみに人間で例えると
こういうコト。
※なお、例える必要はない

 

 

ワイヤーで長く吊り下げられたフックや、重量のある吊り荷は本当にカンタンに揺れが生じます。

クレーンオペレーターには、その揺れをうまく止めることが求められます。

さて、その揺れをカンタンに止める方法ですが…

 

 

 

 

実際の操作でAやEの位置まで揺れることは、ほぼありませんので無視します。

上の画像を見てもらうとわかるように、Cの位置にフックがあれば揺れは生じておりません。

問題はBやDの位置に、フックが揺れてしまった場合。

 

 

CからBまでの距離が1mだったとします。

運転席から見ていると、フックが右に1m揺れています。

実際に想像してみてください‼︎

 

 

さぁ揺れました。

あなたはどうしますか?

そうです。

 

 

そのとき左手で旋回レバーを、手前に1m分引きます。

そうすると、揺れは止まります。

 

 

コレが

「クレーンの振れ止め」

の原理です。

 

 

ですが、そんなことはみなさま頭で理解しているはず。

先輩オペさんから教わるはず。

この解説だけで終わってしまっては、満足していただけないと思いますので、さらに深掘りしていきます。


 

 

揺れを止める考え方

 

 

まず、フックの揺れは一瞬の出来事ですので、ゆっくりと考えている暇はありません。

考える前に体(指)が、レバーを動かしている状態でなければなりません。

そのためには、日頃から小さな揺れでも止めるように、癖をつけておきましょう。

わたしは、そのような癖がついているためすこしの揺れでも気持ち悪いです。

 

 

癖がついていれば、揺れに対してすぐに反応してしまいます。

「あ、揺れてるな」

そう感じた瞬間、指は勝手にレバーを操作しています。

 

 


 

 

揺れの止め方

 

 

初心者のかたは大半のオペさんが、雑に操作をしてしまいます。

理想は

「ジワーッ」

と、レバーを操作して揺れを止めますが、初心者のかたは

「ギュンッッッ」

と、レバーを操作してしまいがちです。

 

 

吊り荷やフックが揺れたことに「焦り」を感じて、思わず力が入るのもわかります。

ですが、右に1m揺れている場合はジワーッと1m分、旋回レバーを手前に引いて右旋回をすればいいだけです。

1mの揺れに対して、1.5m分の旋回はいりません。

そのように操作をすると、今度は50cm分の揺れが生じます。

 

 

そうすると、さらに焦り…

焦った結果

「揺れを止めようとしているのにさらに揺らしてしまう」

という悪循環におちいります。

 

 

自分がした操作のはずなのに、その操作のせいで自分が困ることに。

そんなのは、クレーンに

「乗っている」

のではなく

「乗られている」

状態です。

 

 

そこで、わたしのオススメの振れ止めの方法をご紹介いたします。


 

 

オススメの振れ止めの方法

 

 

わたしのオススメの方法は

「アクセルを軽く吹かす」

です。

 

 

“アクセルを軽く吹かす”といっても、揺れを止めるのに1,500回転も、アクセルを踏み込む必要はありません。

わたしのやりやすい回転数は、だいたい1,000回転くらい。

 

 

「あ、右に1m揺れた〜」

そう感じた瞬間、右足でアクセルを1,000回転踏み込み、左手で旋回レバーをジワーッと手前に引きます。

 

 

そうすると、キレイに揺れは止まります。

初心者のかたはぜひ、この方法を練習してみてください。

もちろん、アクセルの回転数やレバーの入れ方には、人それぞれ好みがあります。

最終的には、自分に合ったやり方を見つけるのがベストです。

コレがわたしのオススメの方法です^ ^


 

 

今回の記事は、以上になります。

 

 

みなさまどうでしたでしょうか?

わたしの思うやり方を、説明させていただきました^ ^

最後にまとめます。

 

 

・日頃から小さな揺れでも止める癖をつけておく

・1mの揺れには1m分のレバー操作をする

・揺れを止める際は、アクセルを軽く吹かす

 

 

初心者のかたはぜひ、今回紹介した方法を試してみてください^ ^

クレーンオペレーターのかた、クレーンオペレーターになりたいかた、興味のあるかたの参考にすこしでもなれば幸いです。

 

 

またSNSでは、クレーンオペレーターとしての日常や、個人事業主として副業にチャレンジをしている様子を発信しております。

興味のある方にとっては、かなり面白い内容となっております。

まだフォローされてない方は、ぜひフォローよろしくお願いいたします。

 

 

▼Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

▼Twitter

https://mobile.twitter.com/unknown_opesann

▼note

匿名オペさん|note

▼オンラインショップ

shesaid2020 powered by BASE
■High quality■Luxury■Creative■Unique■Global■GIVE■LOVE

 

 

それではみなさま、本日もご安全に!

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました