【上手いクレーンオペレーター】の条件

クレーンのすべて

おはようございます。

 

 

今回の記事では

上手いクレーンオペレーターの条件

を、お話しさせていただきたいと思います。

 

 

わたし自身よく

「上手い」や「評判が良い」と、言われてきました。

↑自分で言うのやめたほうがええで

 

 

どのようなことを意識すれば、そのような評判の良い「上手いクレーンオペレーター」になれるのか。

今回の記事の概要は、大きくわけてコチラの3つ↓

 

 


・クレーン操作が上手い

・人付き合いが上手い

・場の空気を読むのが上手い


それでは順に深掘りしていきますね‼︎


 

 

上手いクレーンオペレーターとは。

まず、上手いクレーンオペレーターとは

「なにが上手いのか?」

ココを認識していなければ、自分が上手いクレーンオペレーターになることは、まず不可能でしょう。

 

 

そこで、わたしが考える「上手いクレーンオペレーター」を、定義させていただきます。

わたしが考える上手いクレーンオペレーターとは↓

 

 

・クレーン操作が上手い

・人付き合いが上手い

・場の空気を読むのが上手い

 

 

「上手いクレーンオペレーター」と呼ばれるのは、さまざまな要因があると思います。

しかし大まかなものは、この3つかなと思います。

今からこの3つの「上手い」を、順番に掘り下げて説明いたします。


 

 

・クレーン操作が上手い

実はぜんぜん👍じゃない。

 

 

「上手いクレーンオペレーター」

と聞いて、まずみなさまが頭に思い浮かべるのは

「クレーン操作が上手いオペさん」

のことだと思います。

 

 

「クレーン操作が上手い」とは

・吊り荷やフックが揺れない

・合図をしなくてもある程度、目の前まで吊り荷やフックを持ってきてくれる

・丁寧かつ正確な操作

などなど…

 

 

このような操作が、できるオペさんは

「クレーン操作が上手い」

といえます。

 

 

ですが、クレーン操作が上手いだけでは

「上手いクレーンオペレーター 」

とは言えません。

 

 

そして、クレーン操作がそこまで上手くなくても

「上手いクレーンオペレーター」

になることができます。

その方法とは…

 

 

コチラ↓


 

 

・人付き合いが上手い

 

 

クレーンオペレーターは、毎日違う職人さんやお客さんと接します。

そのうえでスムーズに仕事を進めるため、人間関係も潤滑でスムーズでなければなりません。

人間関係にも、グリスアップが必要なようですね…←うまいこと言えた

 

 

ときには頑固オヤジや、無愛想な職人さんや、お客さんがいらっしゃいます。

そのようなかたをヒラヒラと、かわせるような。

うまく丸め込めるような。笑

 

 

わたしはこの仕事を始めてから、コミュニケーション能力が上がったと感じております。笑

手先(クレーン操作)が、あまり上手くいかないときは、口先でゴマかすのもテクニックの一つです。

 

 

このような理由から、人付き合いが上手いのも

「上手いクレーンオペレーター」

の、条件の一つであります。


 

 

・場の空気を読むのが上手い

 

 

現場の空気をうまく読むことも、テクニックの一つです。

工期が短く、ピリピリとした現場のムードの中、ノンビリと自分のペースでオペさんに居座られると、職人さんやお客さんが困るのはわかりますよね。

逆にノンビリとした現場の雰囲気で、イライラと急がせてくるようなオペさんにも、職人さんやお客さんは困ります。

 

 

うまく、現場の雰囲気に溶け込むような。

忙しそうなら、やる気があるように振る舞うような。

初対面のお客さんには、元気よくあいさつをするような。

逆に待機が多そうなら、透明人間になりきるような…笑

 

 

現場の雰囲気、つまり

「場の空気」

を、読むのが上手いのも

「上手いクレーンオペレーター」

の、条件の一つだと思います。


 

 

以上の3つが、わたしが考える

上手いクレーンオペレーター

の、条件です。

 

 

クレーン操作に自信がなくても

「上手いクレーンオペレーター」や、「評判の良いオペさん」になることは可能です^ ^

手先に自信がない場合は口先でうまくゴマかすのも、クレーンオペレーターとしてのテクニックの一つ。

 

 

今回の記事が、すこしでもみなさまの参考になれば幸いです^ ^

それでは本日もご安全に!

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました