【ラフタークレーン】コンビニ待機のお話

おつかれさまです。

現在わたしは、県外の現場に出張にきています。

もちろんクレーンは留め置きです。

そこの現場で、ポンプ車を使って生コン打設をするとのことで、現場内で待機をしていると邪魔になるから「場外待機」をしてほしいとお願いされました。

(現場狭いんですよね…)

他の25トンラフターはなんとか場所を確保して待機していましたが、50トンラフターはさすがに場所を確保できず…

仕方なく近くの、比較的”広め”なコンビニへ。

※決して広くはありません。

 

 

こんな感じ↓


車体の半分くらいは、はみ出てた

 

 

大型車専用の駐車スペースはなく、普通車の駐車場に無理やりぶちこみました。

もちろん一般の車は、問答無用でブームの下をくぐっていきます。

過巻き装置に当てられないか、ヒヤヒヤものです。

(ブーム起こしておきたいくらい…)

 

 

予定では朝8時〜昼の14時ごろまで停めておく予定でした。

せめてもの”お礼”として、ジュースやおにぎりなど500円分くらいは、購入しました。

一般のお客様からの冷たい視線を感じつつ、大人しく待機をしていました。

ただお店側は良いとしても、近隣住民の方が、、、

 

 

お昼過ぎに携帯の充電がなくなり、日差しも暑く、冷房をつけたかったのでエンジンをかけました。

すると、なにやら鬼の形相のパジャマ姿?なチンピラ風なおっさんが、コチラに向かって歩いてきます。

(肩で風を切るってあの歩き方のことなのね)

「オォイ、コラァ!エンジンかけとかな、あかんのかい!」

久しぶりに他人から怒鳴られました…

そしてこの瞬間、午前中コンビニに費やしてきた500円分のわたしの気持ちも一気に吹き飛びました…

(これはわたしが悪い)

素直に

「スミマセン!」

と、謝りエンジンをきりました。

すると”成り上がりを志すヤクザ”

あ、いやスミマセン。

チンピラ風なおっさんも、すぐに去って行きました。

 

 

ちなみに午前中は整備士さんにきてもらい、駐車場で冷却水漏れの修理をしていたので、自分の気持ち的にも

「なんでもアリだろ!」

と、イケイケモードになっちゃってたのかもしれません…

冷却水漏れの修理の記事はコチラ☑︎

いや〜、仕事でもプライベートでも、他人に怒鳴られるなんてことは滅多にありませんので、非常にビックリしました。

自分中心な考え方になっちゃっていたことを反省…

“人の振り見て我が振り直せ”

みなさまもコンビニの駐車場や一般の方がいらっしゃる場面では、大人しくエンジンカットをしましょう。

 

 

余談ですが、、、

15時ごろ現場に戻り、クローラーのオペさんと話していると

「あのクレーンでコンビニに入ったの⁉︎」

と、驚かれました。

駐車する場所も、ちゃんと選ばないといけませんね…

(わたしも早く、回送がないクローラーに乗りたい。)

わたしを反面教師に、みなさま明日からもご安全に(泣)

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました