【ラフタークレーン】のクレーンオペレーターの1週間の動き

おはようございます。

お前は松井かイチローか。

と聞かれ

わたしは

クレーンオペレーターです( ̄^ ̄)ゞエッヘン

と答えるやつだいたい友達。

どうもわたしです。

今回の記事ではそんなわたしの「先週1週間の動き」と「クレーンオペレーター」の特徴をあわせてご紹介したいと思います。

ぜひお楽しみください。


先週1週間の動き

月曜日:マゴ出し

火曜日:ひマゴ出し

水曜日:ひマゴ出し

木曜日:マゴ出し

金曜日:マゴ出し

土曜日:1週間ぶりのメインブーム

そんな鬼のような1週間…

そりゃこんなエモい風景に
自分の反射ベストがうつっている
ことに気づく暇もねぇよ

ここまでが先週1週間のわたしの動きです

そして、ここからがそんな「ラフタークレーン」のオペレーターの特徴や動き


「ラフタークレーンの」クレーンオペレーターの特徴は

・毎日違う現場に出入りする

・すなわち毎日違う作業内容である

・すなわち毎日違う職人との作業である

・毎日マゴを出して、作業が終わるとたたんで何事もなかったかのように帰る

・毎日おきる時間も寝る時間もバラバラになりがち

・毎日あの大きな車体の回送(道路を走ること)がある

など、毎日が違う仕事なのがラフタークレーンのオペレーターの特徴であり、凄さです。

そりゃ擦った、ちょっとぶつけたなんてことも出てきますよ…

クレーンオペレーターは失敗が許されないような仕事ですから、”できて当たり前”だと現場やお客さん側から思われがちです。

場合によっては会社側からも?

わたしの会社は、オペレーターよりな考えが通用しますのでそうでもないですが。

現場内で頼れるのは自分自身のみ。

へいきな顔をしてまいにち普通に仕事をこなしてくるクレーンオペレーターは、実はかなり凄いと思います。

まいにち同じ現場にいるクレーン(ラフターでもクローラーでも)なら、クレーン作業がない日なんてザラにあります。

ですが、毎日”呼ばれた現場に必要なときだけ”仕事をしにいくラフタークレーンのオペレーターは、休みなんてありません。

同じ現場にいるときなら

「あした作業ないなら休むね〜」

が通用しますが、毎日違う現場に行っていると

「あした作業ないなら休むね〜」

「?いやいや、違う現場で仕事あるよー」

こうなっちゃいます。


「ラフタークレーン」のオペレーターの動きについて、少しでもわかっていただけたら嬉しいです。

現場でラフタークレーンのオペさんを見かけたときは、優しくそっと接してください^ ^

それでは全国のラフタークレーンオペさん、本日もご安全に!

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました