【プロ】ラフタークレーンオペの凄さ 走行編

おつかれさまです。

今日は50トンラフターの走行練習をしました。

車幅:2.96m 全長:11.870m

バケモノ

“25トンラフター”でも乗りたての頃はデカさにビビっていましたが、そのさらに上をいきます…。

ちなみに25トンラフターは

車幅:2.62m 全長:11.130m

どちらにせよかなりデカイです。

よく街中で見かける”10トントラック”よりも車幅がデカいので、気をつかうこともかなり多いです。

運転できる方はやはりプロですし、尊敬します。

そんな”25トンラフター”のさらに上のバケモノを運転してきました。

先導車はつけず、後導車のみついてもらいました。

無線機を使用して

「次の交差点で右折します〜」

「○○さんはここの道、いつも通りますか?」

などの会話をしていました。

「職人の方の無線機でゴメン」

とニコニコな顔で、無線機を渡してきたあのオペさんは末代まで呪ってやる…

いつもは、音楽を流し、ひとりごとを喋り、マナーの悪い車に英語で文句を言ったり…

きょうは無線機を繋いでいたので、いつもの調子とはいきませんでした。

なんだか胸がムカムカするような…

耳がムズムズするような…

それは職人用の無線機のせいや。

25kmほどのルートを軽く打ち合わせしましたが、やはり本番はまったく打ち合わせ通りにいきませんでした。

「やっぱりここの道をまっすぐつっきろうよ」

と言われ、片側二車線の”超激せま”な道を走ることに…

やっぱりあのオペさんは末代まで呪ってやる…

クレーンオペレーターでない方はわからないと思いますが、車幅の広いラフタークレーンは平気でセンターラインを割るんですよね。

“踏む”のではなく’割る”

運転席に座っている自分がセンターラインの真上にくる感覚です。

幸い片側二車線ですので、対向車線にはみ出ることはなかったですが、道によっては対向車線にはみ出て走行することもあります。

「このピンクの車の女の子抜かしたそうだけど」

しるか!!!!

です。

コッチは半年ぶりに”人生で2回目の車幅2.96m”の走行中です。

きょうだけは何度か両手でハンドルを握りました。

「そうそう、そんな感じでハンドルを切ればいいよ〜いい感じ。」

クレーン操作で褒められることはありますが、クレーンの走行で褒められた経験はあまりなく、新鮮な気持ちになりました。

やっぱり末代まで呪うのはかわいそうなので、こどもの代までにしようかな…

ですが、

「あ、いまの走行はないわ。」

「ん〜ダメだな。」

と、ハッキリと指摘をされることもありました。

やっぱり末代まで呪ってやる…

のは冗談で、いつも褒められてばかり(調子にのってスミマセン)な私としては、これまた新鮮で逆に”感謝”の気持ちになりました。

その方は車幅3mの60トンまで乗りこなすベテランオペさんで、そんな方の”生きた意見”はとても貴重です。

そのような方に褒められるとやはり嬉しいですし、逆に指摘されるとショックですが自分も”まだまだだな”と気持ちが引き締まる思いになります。

あれこそが「アメとムチ」

久しぶりにアメとムチを喰らうと、少し耳がこそばゆい感じがします。

それは職人用の無線機のせいや。

改めて思いますが、あんなにもデカいラフタークレーンを走行するための免許が

大型特殊のみ

なのが非常に「謎」です。

大型免許が必要な車両より大きいですからね。

そしてこれだけではありません。

大型免許が必要でないということは、すなわち

教習がない

ということです。

きょうは”走行の練習”をしたと言いましたが、バリっバリの”本番”です。

即、公道です。

普通免許のように教官が隣でブレーキを踏んでくれるなんてことはありません。

ぶつけたら終わり。

即、終了です。

すべて自分の責任です。

ですので、無線機を使って先輩オペさんに後導してもらいます。

渡してきた無線機は職人用でしたが…

これこそがクレーンオペレーターの凄さの一つだと思います。

クレーン操作はヤード内での練習ができますが、走行は教習なしのぶっつけ本番。

やはり全国のクレーンオペレーターの方を尊敬します。

クレーン操作に必要な

「移動式クレーン免許」

と、クレーンの走行に必要な

「大型特殊免許」

はもっと評価をされても良い、コスパの良い資格だなと思います。

長くなりましたが、きょうはそんな一日でした。

充実感に包まれて一日を終えることができました^ ^

明日もよい日になりますように。

みなさまも無事故でご安全に。

また次の記事で。

コメント

  1. […] 50トンの練習の記事はここをクリック […]

  2. […] 【プロ】ラフタークレーンオペの凄さ 走行編 走行練習をしたその日に記事を書きましたので、臨場感や緊張感が伝わるかと思います。笑 […]

タイトルとURLをコピーしました