【クレーン 故障】水漏れ/後半で直し方のひとつを解説

おつかれさまです。

「水のトラブルごひゃ〜く(500)ごひゃく(500)くらーし安心♪クラシアン♪」

(いきなりやかましいわ)

クラシアンよりダルメシアン派なわたしです。

そんな”クラシアン”の手も借りたい事態が、わたしにも発生しました…

「冷却水漏れ」

です。

先に言っておきますが、今回の「冷却水漏れ」の原因は

「ホースを閉めているバンドの緩み」

が、原因でした。

それでは今回の故障(?)ハプニング、ぜひご覧ください^ ^

どうぞ


 

 

クレーン車ならよくあるこの「冷却水漏れ」

みなさまも経験があるかと思います。

わたしも何度か経験があります。

しかし、わたしが現在乗っているクレーンは

車検を受けたばかり

なのです。

 

 

朝イチに冷却水が漏れていることに気づきました。

サブタンクを確認するとほぼ空な状態。

ラジエーターの方には満杯に入っていましたので、緊急事態というほどではありませんでした。

「一体、何のための車検なんだ!」

と、声を大にすることはできず、控えめに整備工場へ電話しました。

仲の良い整備士さんに相談すると

「後日、直しに行くよ〜^ ^」

とのこと。

片道100kmほど離れたわたしの元へ、わざわざ時間を割いて来てくれるなんて…

感謝のあまりその日は、はやめに仕事を切り上げたほどです。

※関係ない。仕事しろ

 

 

修理の日程を決めて、いざ修理の日。

現場の都合上、現場からクレーンをだして「場外待機」をしなければならず、仕方なく広めのコンビニの駐車場へ。

大型用の駐車場がないコンビニにぶちこんだ(?)
エンジンをかけていたら関西弁のおっちゃんに
「オォイ!エンジンかけとらなあかんのか!」
って絡まれた(震え)
※わたしが悪い

「場外待機」の記事はコチラをチェック☑︎

2時間ほど待っていると、整備士さんがハイエースに乗って来てくれました。

すこし談笑をして、いざ修理開始です。

案の定「この駐車場に停めたの⁉︎やべーよ。笑」と言われました。近くに広い駐車場なかったんです〜…

 

 

まずはエンジンカバーを開け、冷却水が漏れている場所を確認。

※もちろん自分でも、何となくは確認済み

1番大きなホースを締めている役割の”バンド”が、緩んでいるとのこと。

緩んだ隙間から、水が漏れていたようです。

何となく自分でもそう思っていましたが、整備士さんが言うので間違いない。

バンドを締めてさらに、持ってきてもらった冷却水を補充しました。

(事前にクレーンに積んでおくの忘れちゃってまして…)

念のため”下側のホース”も確認することに。

(大きなホースは、上側と下側に一つずつあります。)

エンジンのアンダーカバー(下側のカバー)を外すため、後ろのアウトリガーのジャッキを下げてほしいとのこと。

(後ろのアウトリガージャッキを下げないとアンダーカバーは外せないはず…)

アンダーカバーを外し、下のホースから水漏れがないか確認します。

そこまで水漏れは確認できなかったので、おそらくメインの原因は上のホースからです。

念のため、下のホースのバンドも締め直しました。

無事、修理完了です。

うん…

 

 

コレ、自分でできたんじゃ…?

 

 

エンジンカバーを開けてホースを締めているバンドを締め直し、アンダーカバーを開けて下のホースのバンドを締め直す。

わざわざ整備士さんに来てもらわなければ、ならなかったのでしょうか…

自分で直せたんじゃ…

急に申し訳なくなったわたしは

「スミマセン、自分でも直せましたねコレ…」

と、伝えると

「整備工場にいるより、こうやって直しにくる方が好きだから全然良いよ^ ^」

とのこと。

「惚れてまうやろー‼︎」

(あと、遠回しに「自分でも直せると思うよ」って伝えたんだと思う…)

なんて優しいんだ…

お礼にジュースを奢ろうとしても、すんなり断られました。

性格もイケメンかよ

修理が完了すると40分ほど談笑をして、その後整備士さんは帰っていきました。

修理2割の談笑8割なことは内緒。

 

 

現場に戻りしばらくの間エンジンをかけてみたところ、すこし冷却水が漏れていたような…

「無事修理完了です」というわけにはいかないようです…

また明日、確認してみます(泣)

そしてこれからは、この程度の修理は自分でしていこうと思いました…

“バンドの緩みは気の緩み”

そう考えて、明日からも安全作業につとめます。

(明日は漏れていませんように…)

それではみなさまご安全に。

また次の記事で

コメント

  1. […] 【クレーン故障】水漏れ […]

タイトルとURLをコピーしました