【クレーンオペレーター】50トンラフター/53.9mブーム操作してみた。作業風景の画像&動画付き

クレーンのすべて

わたしは現在、50トンラフタークレーンを担当しています。

機種はTADANOのGR500N-1。

メインブームは41.2m。

ジブは2段式となっており、8mと12.7mです。

全てのブーム、ジブを伸ばしきると合計で53.9mになります。

こんな感じです↓

ワイパーのゴムの替え方が、わからん。
若干22歳なわたし。

 

 

乗り替わりの際、ヤード内でジブを12.7mまで伸ばして操作をしたことはあります。

ですが、現場作業ではまだ、したことがありませんでした。

今日は、そんなわたしの12.7mジブ、デビュー戦。

 

 

作業内容は「型枠パネル荷揚げ」です。

風で煽られて、クルクルとすごいことになりがちなアレです。

Instagram、Twitterともに大人気な動画。
わたしが待機中に、激写したったヤツです。
タイトルは【吊り荷が浅田真央】

 

 

今日の作業的には、8mジブでも作業は可能です。

しかしこの際なら12.7mまで伸ばしちゃおうと、一念発起(?)して、操作をしてみることにしました。

感想を一言で言うと、、、

 

 

「言葉にできない」

いや、言葉にせぇい!

一言であらわせぇい!

 

 

そんなみなさまの声が聞こえてくるのは、気のせいでしょうか。

 

 

気を取り直して一言であらわすと

「ビヨンビヨンのフワンフワン」

そうだ、寄っとこフランフラン。

なんて、ゆーとりますけれども。

心の中は「不安不安」です。

 

 

正直な感想としましては

「案外、乗れる」

です。

(最初から、そう言え)

 

 

ですが予想通り、作業内容によっては8mからジブは伸ばさないほうがいい、と思いました。

78°までブームを起こしても、作業半径は11.5mです。

チルトかけていなくてコレよ。

 

 

つまり、クレーンの近くの資材が「吊れない」はめに。

 

 

作業半径8.5mに荷物を置かれたときは、発狂ものでした。

ですが、職人さんもコチラの気持ちを、なんとなく分かってくれたようで、近くに置かれたのはその荷物のみでした。

(わたしがあまりにも、あからさまにイヤな顔をするので。笑)

 

 

その荷物を吊りあげる際は、メインブームを35mまで縮めました。

(ジブを装着してたら、ジブの重みでブームの伸縮の際、しゃくらないことに気がついた。)

 

 

41.2mまで伸ばしてジブを12.7mまで伸ばした時の操作感としましては

「乗れなくもないけれど、気はつかうよね」

と、いったところでしょうか。

 

 

50トンラフターは、ジワーッと動かそうと思えば素直にジワーッと動いてくれますので、おでこから冷や汗がジワーッと、なんてこともありませんでした。

実際の操作風景はこんな感じです↓

声が入らないように、復唱していないところを
切り取っています。笑
ジブが右に傾いているように見えるのは、気のせい…?

 

 

ジブ出し(孫出し)作業は、面倒くさいですが

「12.7mジブを楽しんでやるゾ‼︎」

と、作業前に意気込んだところあら不思議。笑

ジブ出しがまったく、苦ではありませんでした。

 

 

(完全に言いすぎた。30%楽しい。残りの70%は、ちゃんとダルかった)


 

 

なんにせよ今日は、週末に1週間の中で1番ツライ仕事をしようと、思い立った自分を褒めたいです。笑

すごい後悔はしてる。うん。

 

 

とりあえず、ジブを開発したお偉いさんのことは、誰よりも恨んでいます。ニッコリ

(↑笑いながら刺すタイプ)

 

 

連日のジブ出しによって、体はかなり疲れていると思います。

明日(日曜日)は、ゆっくりと体を休めようと思います。笑

それではみなさま、良い週末をお過ごしください^ ^

また次の記事で

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました