【クレーンオペレーター】50トンラフター/ブームグリス塗れなくない?な話。画像動画付き

クレーンのすべて

おつかれさまです。

今回の記事は

「50トンラフターは、解除キーがなくてもブームグリスを塗ることはできるのか?どっちなんだい!」

※機種はタダノGR500N-1です。

というものです。

 

 

先日わたしが経験したことを踏まえながら、お話しできればと思います。

この記事が、少しでもみなさまの参考になりますように…

わたしも失敗する前に見ておきたかった。笑

それではどうぞ^ ^


 

 

本日、Instagramのストーリーでこのような質問をいたしました。

【50トンラフターでフルブーム(41.2m)にすると、ベタ(0°)までブームを倒すことができないのですが、ブームグリスを塗る良い方法はありませんか?】

※手元に解除キーはありません。

というもの。

 

 

このストーリーに対して、大変ありがたいことに6人のフォロワーさんからメッセージが。

・「2.3段目を伸ばさずに4.5.6段目を非常伸縮!」

・2.3段目を塗った後、非常伸縮で伸ばす。4b〜の「非常伸縮」ボタンを押しながら、4.5.6段目伸びないですか?

・「非常伸縮」ボタンを押しながら、伸縮。伸縮レバーのスイッチも押しながら!

・フルブームからの2.3段目を縮めてみては?

などなど。

 

 

たくさんのアドバイス本当にありがとうございました‼︎

SNSの”良い使い方”が分かった気がした。笑

そして、このようなアドバイスをもらったわたしは、ほぼすべて試してみました。

先に結論から申しあげます。

 

 

50トンラフターの4.5.6段目のブームグリスを塗るときは、解除キーが必須。

 

 

まず最初に試したのは

「2.3段目を伸ばさずに4.5.6段目を非常伸縮として、伸ばす方法」

これに関しては、試したというより以前からやってみたことがありました。

むしろこの方法でできなかったので、Instagramのストーリーで質問をしました。

 

 

その動画がコチラです↓

答えていただいたフォロワーさん
本当にありがとうございます‼︎

 

 

おそらく誰もが、この方法を思いつくと思います。

12.16トンに乗っていた頃、わたしもこの方法でブームグリスを塗った経験があるようなないような…(正確なことは覚えていない)

(フルブームでベタまで倒れるけど、スペースがないときとか)

 

 

しかし、結果は、、、

50トンラフターの場合は、止まる。

これが、一番最初に試した方法です。

 

 

次に試したのは

「2.3段目を塗った後、非常伸縮で伸ばす方法」

 

 

この方法を提案されたとき、思ったのは

「2.3段目を伸ばしきった状態で、ブーム角度10°あたりで非常伸縮スイッチを押しながら4.5.6段目を伸ばしていくのかな?」

そう思い、やってみました。

 

 

そのときの動画がコチラ↓

ご回答くださったフォロワーさん
本当にありがとうございます‼︎

 

 

しかし、結果は、、、

34.3〜34.7mまで、ブームを伸ばしたところで止まる。

フルブームで、ベタまで倒れないのに、ベタまで倒した状態でフルブームになるわけないか…。

クソッ、、、

だが、めげない。

 

 

次に試したのは

「非常伸縮」スイッチと、伸縮レバーのスイッチを押しながら伸ばし!

 

 

わたしはいつも足レバーで伸縮操作をしていますので、この方法を提案されたときは「ワンチャン!」と思いました。

しかし結果は、、、

 

 

変わらず。

コチラも34.7mまで、ブームを伸ばした時点で止まります。

ふぅ。。。

次だ。

 

 

次に試したのは

「フルブームまで伸ばした状態で2.3段目を縮める。その後、ブームを倒す方法」

コレが最後に試した方法です。

 

 

この方法を提案されたときは

「まさに逆転の発想…!天才かよ」

と、思いました。

が、、、

 

 

そのときの、画像と動画がコチラ↓

提案していただいたフォロワーさん
本当にありがとうございます‼︎

 

 

「よっしゃぁぁぁあできたぁぁぁあ!」

と、思いましたが、、、

次の、ストーリー(動画)がコチラ↓

「ヤラカシタ」

 

 

2.3段目のブームを縮め、ベタまで倒したあと「事件」はおこりました。

 

 

ゼンシュクイジョウ

 

 

の、エラー表示が…。

(いつも思うけど、AML画面のエラー表示のカタカナ怖すぎる。普通にトラウマ)

ベタまでブームを倒し満足したところで、ブームを元の正常な状態に戻すために、ブームを起こし、非常伸縮スイッチを押しながら4.5.6段目を縮めました。

 

 

オワッタ、、、

「コレやったんちゃう?」

「解除キー持ってきてもらわないとダメなんじゃ?」

「昼からも作業はあるよ?」

どうするううぅぅぅう

 

 

さまざまな考えが頭をよぎった中、とりあえず頼れる先輩オペさんに電話です。

事情を説明すると

「50トンクラス以上は、解除キーを使って2.3段目を伸ばさずに4.5.6段目を伸ばすんだよ。多分解除キー必要かも。やる前に聞いてほしかったな。」

とのこと。

スミマセン。。。

 

 

ちなみに、そのときのクレーンの症状としましては

旋回○

ブーム起こし○

ブーム倒し×

フック下げ○

フック巻き×

非常伸縮スイッチを押しながら4.5.6段目縮め○

2.3段目の操作×(何しても)

4.5.6段目伸ばし×

 

 

タダノは解除キーが統一らしいので、同じ現場にいる同じ会社のオペさんに聞いたところ

「持ってない」

とのこと。

 

 

クッ、、、

とりあえず、その人とわたしと電話越しの先輩オペさんで話し合ったところ…

(今思えば、もう1人別会社のオペさんが同じ現場にいまして、その人の解除キーは現場事務所にあるのでそれを使えばよかった)

 

 

「非常伸縮スイッチを押して、4.5.6段目を縮めることは可能だから(ウィンチを巻くことは無理)クレーンの車体の足鉄板の上にフックを下ろしつつ、4.5.6段目を縮め切ろう」作戦!

(こんなに長い作戦名、初めて聞いた)

 

 

同じ現場にいるオペさんにフックと、たるんでいくワイヤーを支えてもらい、非常伸縮スイッチを押しながら4.5.6段目を縮めていくと、、、

 

 

なおったあああぁぁぁぁああ

 

 

4.5.6段目を縮めきったところで、エラー表示が消えAML画面が正常に戻りました。

これにて一件落着です。

 

 

そのときの動画がコチラ↓

 

 


手伝ってくれたオペさんには、ちゃんとジュースを奢らせていただきました。アザシタッ‼︎‼︎

電話で相談をした先輩オペさんにも、治った報告とお礼を。

昼休憩の出来事でしたので、現場にはバレていません。(セーフ)

 

 

今回の出来事からわかったことは

「50トンラフターは、解除キーがないと4.5.6段目のブームグリスが塗れない」

※たぶん。

 

 

裏技があったとしても、今回のような怖い思いはしたくありませんので

「解除キーがないとできない」

と、思っておきます。笑

 

 

クレーンオペレーターに、ハプニングはつきものです。

みなさまもこのような”思い込み操作”に、お気をつけください。

わたしも次回からは、わからないことは電話で先輩オペさんに聞きます。笑

(勘違いしてほしくありませんが、今回の出来事は、すべてわたしの自己責任なミスです‼︎)

 

 

最後になりましたが、今回アドバイスをくださったフォロワーのオペさん方、本当にありがとうございました‼︎^ ^

それではみなさまご安全に!

また次の記事で

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました