【クレーンオペレーター】50トンラフター/ジブ(孫)作業の感想

クレーンのすべて

わたしは現在、50トンラフターと呼ばれるクレーン車を担当しています。

メーカーはTADANO。

機種はGR500N-1というものです。

1枚の画像にまとめてみました。
写真から伝わるように、まあまあ古い機種です。笑

 

 

メインブームの長さは41.2mです。

ジブ(孫)の長さは8m、補ジブ(ひ孫)まで伸ばすと長さは12.7mとなります。

全てのブーム、ジブを伸ばしきれば、長さは53.9mにもなります。

 

 

以前乗っていた25トンラフターは、ジブ(孫)の長さは8m、補ジブ(ひ孫)まで出すと13mありました。

25トンラフターの方が、ジブに関しては50トンラフターよりも30cmですが、長いのです。

(機種にもよると思います)

 

 

25トンラフターに乗っていたときは、メインブーム30.5m+ジブ13mの計43.5mで、ずいぶん長く感じました。

しかし、現在乗っている50トンラフターですと、ジブを1段目しか伸ばしていなくとも合計で

49.2m

となります。

25トンラフターと比べると、かなり長いです。笑

 

 

こんな長いブームを操作した感想は

「案外、いける」

 

 

むしろ、25トンラフターでひ孫を出しているときの方が揺れました。

50トンラフターではまだ、ひ孫を出して作業はしていませんので、ひ孫まで出すと50トンの方が揺れることもあるのか…?

 

 

25トンでひ孫作業のときより、気を使わなくても揺れないなという感想です。

大きなクレーンになればなるほど、揺れにくい。

当たり前といえば当たり前か…

 

 

実際の作業動画はこんな感じです↓

実際に現場で操作をした回数は、夜間作業が1回と日中に「型枠材や足場材」を荷揚げしたのが2日間で、まだまだ50トンのジブ作業の経験は少ないです。

夜間作業では、フックやブームが真っ暗闇で見えなかったため、親フックをかなり垂らして作業をしました。

親フックを垂らしていると、旋回時に親フックの重さで流される感覚がありました。

夜だから、なおさら怖い。笑

昼間のように見えているわけではありませんから、夜間作業は慎重にすべきですね。

(わたしは、振り回しましたけど。笑)

 

 

ちなみに夜間作業では、作業半径30.5mのところに定格総荷重0.4トンの荷物を持っていきましたが、この作業半径ならひ孫を出したほうが性能が強いようです。

ひ孫は油圧で伸びますので、最初から伸ばしておいた方が良かったかもしれませんね^ ^

(揺れそうだから、結局伸ばしませんでしたけど)

 

 

メインブーム、孫、ひ孫の性能表を見比べてみるのも勉強になり面白いです^ ^

50トンですと、メインブームで30°、孫を出した状態だと50°くらいまでしかブームが倒れません。

前方性能もないですし、初めて乗ったときはブームが倒れないことにすこし驚きました。笑

頑張ってブームを倒そうとした記事はコチラになります↓

頑張らなければよかった…

 

 

どんなトン数のクレーンでも、メインブームの操作の仕方、孫の操作の仕方、ひ孫の操作の仕方がありますね^ ^

12.16.25.50トンのクレーンを乗ってきましたが、そう感じます。

(あ、ちなみに1番楽なのは16トンでした。笑)

 

 

この記事が、すこしでもみなさまの参考になれば幸いです^ ^

それでは本日もご安全に!

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました