【クレーンオペレーター】5日間の夜勤を無事、乗り越えました。の話

クレーンのすべて

おつかれさまです。

クレーンオペレーターは、クレーン車とセットで「機械」と思われがち



どうも5日間の夜間作業を無事、無事故で乗り越えた

クレーンオペレーターa.k.a機械

なわたしです。



今回の記事では、無事5日間の夜間作業を乗り越えることができた「夜間作業体験記」のような形で、話を進めます。

何かすこしでも、参考にしていただけると幸いです。




夜間作業1日目

月曜日の夜。

通常なら、休み明けの仕事を終えて体が疲れていて、眠りにつく時間。

そんな時間帯に家を出ました。。。



しかも、一応日勤もしています。

(午前半日で終了したうえに、1度も動かなかったですけど)



「今日から5日間の夜勤生活がはじまるのか…」

憂鬱を通りこして「鬱」になりそうでした。笑



作業時間は22時〜2時過ぎ。

ほぼ待機で、Instagramでイラストの仕事を発注したり、クレーン作業というよりは自分の仕事を進めていたような気がします。笑

ほぼ待機のくせに、鳶さんは無線機の電源を入れっぱなしにするので、ツラかった日です。笑



夜間作業2日目

前日の夜間作業の疲れが残るなか、今日も21時過ぎに家を出ます。

作業時間は、22時〜朝の3時半でした。



作業内容は毎日同じ「足場材荷揚げ」ですが、この日は「ひ孫」までジブを伸ばして作業をしました。

「クレーン作業がなさそうなら、無線機の電源は切ってほしい」

と、うまく伝えることができ、快適な待機時間を過ごせました^ ^




ひ孫まで伸ばしての作業は、もはや50トンの仕事ではないと、悟った日でもあります。。。



夜間作業3日目

この日も、ひ孫作業でした。

1番遠い作業半径で32m。

吊り荷は、足場材ですので大半は軽いものです。



軽い荷物は、揺れる揺れる。。。

夜間で見えないことをいいことに、53.9mブームを振り回しました。

そのおかげか、作業が終了したのはAM2時半。



比較的はやめにクレーン作業は終了しました。

が、鳶さんは契約上の問題でもう少し残らなければならなく、不満の声をあげていました。

やること終わったのなら、すぐに帰りたいですよね。。。



夜間作業4日目

この日が1番、作業時間が長く22時〜4時前まででした。

1時〜3時までは、待機時間だったので爆睡でした。



作業的には、ひ孫まで伸ばして「チルト」をかけての作業。

夜間作業中は、ブームが見えませんのでやはりビビりません。笑

ひ孫で振り回して、ヘルメットも被らずノーヘルですし、なんだか自分がイケイケな気がしました(?)



夜間作業5日目:最終日

今日で、5日間の夜間作業は終了です。

作業時間は、22時〜0時。



キタコレ



わずか2時間で、夜間作業は終了でした。

最終日にはふさわしい「楽」さ。

クレーン作業はわずか20分で終わり、残りは待機をして帰りました。



無事、無事故で5日間の夜間作業を終えることができ、よかったです。

もう二度と、5日間も夜間作業はしたくありませんけどね。。。笑




以上、わたしの5日間の「夜間作業体験記」でした。



もう二度と、5日間も夜間作業はしたくありませんし、さすがに他のオペさんに代わってもらおうと思います。

(頼む、引き受けてくれ…!)



あまりに夜勤が続いたものですから、ベットに入ってからすぐに寝付くことが、できなくなりました。

週末でいつもの生活リズムを取り戻して、来週からの仕事にそなえようと思います。



それではみなさま、良い週末をお過ごしください^ ^

また次の記事で

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました