【クレーンオペレーター】雨の日 メリット 

クレーンのすべて

おはようございます。

今回の記事では

 

 

クレーンオペレーターのメリット 雨の日編

 

 

を、ご紹介いたします。

わたし自身いまの会社に入社する際、人事の方から「誘い文句」として

「クレーンオペレーターは1年中、車内での仕事だから”冷暖房完備”だし雨の日でも濡れないよ^ ^」

と言われたのを、4年ほど前のことですが鮮明に覚えています。笑

ちゃんと誘い文句に引っかかっちゃった。笑

あのときの誘い文句は本当なのか?

ウソをつかれたのか?

雨の日のメリットは、何があるのか?

今回の記事で明らかにします。

「クレーンオペレーター」に興味のある方の参考に、すこしでもしていただけると幸いです。

それではどうぞ、ご覧ください^ ^


 

 

クレーンオペレーターは、雨の日でも濡れない説

なんとなくイメージ的にも、クレーンオペレーターは車内での仕事なので

「雨の日でも濡れないのでは?」

と思われる方も、多いと思います。

答えとしては

 

 

“ほぼ”濡れません。

 

 

クレーンオペレーターの仕事風景を見たことがある方は、なんとなくこの”ほぼ”の意味の予想がついていると思います。

正確には

“雨が降っている時間帯”に、クレーンをセットしなければいけないときは

「雨に濡れます。」

クレーンをセットするときは、車外で鉄板や敷板を敷きます。

ときには”孫出し”といって、クレーンのブームの先端に”ジブ”というものを、セットしなければいけないときもあります。

もちろん車外での作業となります。

時間にすると15〜30分。

この時間帯にちょうど雨が降っていると、、、

濡れます。

 

 

しかも、この時間帯にちょうど

雨、降ります。

いや、ウソではなく。笑

 

 

現場に到着して、職人さんや監督さんから

「オペさん、孫出してほしいです」

と言われ、孫出し作業を始めます。

すると、どこからともなく雨雲が…

「え!今日の天気予報雨だっけ?」

 

 

ちょうどうまいこと、嫌な時間帯に雨が降るんですよ…

あの現象に名前をつけたいくらい。

よし。

命名:「タイムリーレイン」

うん、ダサい。

 

 

とくに土砂降りだと、本当に最悪です。

孫出し作業は、車に「乗ったり降りたり」を何回も繰り返します。

その際、カッパを着ていると逆に邪魔になります。

ですので、わたしカッパを着ないで孫出し作業をします。

※カッパを着るか着ないかは人によります

孫出し作業風景

 

 

約20分ほど、このように車外で土砂降りの雨に打たれていると…

かなり、びしょびしょになります。

ですが、、、

15分ほどで乾きます^ ^

 

 

そうなんですよ。

車の中は冷暖房完備。

わりとすぐに乾いちゃうんですよ。

そのような理由もありわたしは、カッパを着ません。

カッパを持っていないオペさんもいるんじゃないかな?


 

 

その他には、Instagramでアンケートをしたところ

「作業がはやく終わる可能性がある。」

とのこと。

これは、その日の作業や職人さん次第ですが、たしかにはやく終わることもあるかもしれません。笑

これもクレーンオペレーターの、雨の日のメリットの一つですね。


 

 

以上になります。

今回の記事を最後にまとめますと、雨の日のメリットは

「濡れない」

「作業がはやく終わる可能性がある」

でした。

 

 

「2つだけかよ!」

と、思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし「濡れない」って現場作業において、滅茶苦茶デカいんですよ。笑

入社する際、人事の方に言われた「甘い誘い文句」はウソではなかったようです。笑

雨の日の無線作業中はきまって

「オペさん、濡れないのいいですね〜変わってほしいです…」

と言われます。

オペレーターになればいいのに…と、毎回思います。笑


 

 

「冷暖房完備」

「雨の日でも濡れない」

現場での作業ですが、現場仕事ではないような特殊な立場の

「クレーンオペレーター」

興味のある方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょう^ ^

今回の記事が、すこしでも参考になったのなら幸いです。

それではみなさま本日もご安全に!

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました