【クレーンオペレーター】地元の仕事、出張の仕事の違い

クレーンのすべて

わたしは現在、50トンラフターに乗って出張中です。

人生ではじめての出張ですが、かなり満足して働くことができています。



今回の記事では、出張中での働き方と、地元での働き方の違いをまとめてみます。

わたし自身が、4年間ほど地元で働き続けたあと、1年半の出張をしてみて(現在進行形)メリットデメリットや感じたことがたくさんあります。

すこしでも、クレーンオペレーターのみなさまの参考にしていていだけると幸いです。

なお、わたし(ラフタークレーンオペレーター)の主観となることを、ご了承ください。







地元での働き方

メリット

・毎日、家に帰れる

・家族、友人とすぐに会える

・地元の道や、土地勘に強くなる

・普段から利用する、建物などの仕事に携われる

・色々な意味で、過ごしやすい



デメリット

・基本的に、朝は早く帰りは遅い

・プライベートの時間が少なく、仕事の時間が多い

・給料が少ない(傾向がある)

・休日出勤がある

・配車や会社にイライラする

・全体的にストレスを感じやすい

・毎日違う現場での仕事になる

・事故のリスクが大きい



出張中の働き方

メリット

・毎日同じ現場

・給料が安定する

・給料が高い

・事故のリスクが低い

・朝はゆっくり、帰りは早い

・会社や配車に対する不満が減る

・毎日、仕事の内容がわかる

・全体的にストレスを感じにくい

・クレーンの回送がない

・現場でデカい顔ができる。笑



デメリット

・家族や友人に会えない

・家に帰れない

・働き方は、現場に合わせる必要がある

・毎日、同じ作業をすることが増える(飽きる)

・ヒマ

・郵便物が届きにくい

・初めての土地や、知らない人だらけの環境に飛び込むことになる





以上が、地元での仕事と出張中の仕事の違いです。

ここからは、わたしがとくに強く思うポイントをお話しします。



まず、地元で働くことの1番大きなメリットは

「家族や友人に会える」

ことだと思います。



ご結婚されている方、パートナーがいる方、何よりも友達と遊ぶことが好きな方

そんな人には、出張はオススメいたしません。



逆に未婚の方や、一人でも平気な方は今すぐ出張に行くことをオススメします。

わたし自身、もっとはやく出張に行くことを希望すればよかった、と感じております。




地元で働くメリットはむしろ

「家族や友人に会えること以外にない」

ようにも感じます。

偏見すごくてゴメンなさい(震え)



毎日違う現場での仕事ですし、事故のリスクも当然大きくなります。

帰りはクレーンで会社に戻ってから、自家用車で家に帰るため、はやく帰りたいので必然的にイライラすることが増えます。



例えば

孫を出しているのに17時近くまで作業がある時や、会社から距離が遠い現場で17時近くまで作業がある時。

毎日、違う現場で孫出しが続いた時など。



出張中は、コレらのイライラの種が見事に消えます。

出張に来て、1番大きく感じたことは

「ストレスフリー」

になったことです✌︎



毎日の現場でのストレスや、会社や配車に対する不満から来るストレス。

コレらのストレスを、感じなくなりました。



ストレスが減り、給料は上がる。

まさに

「楽して稼ぐ」

だと思います。

わたしのように、独身で地元にとどまって仕事をすることに大きな意味を感じていない人は、出張に行ったほうがいいでしょう。

(大まかな計算ではありますが、地元で働いている時から、少なくても5万円〜10万円はお給料が上がると思います)



わたしは人生で初めての出張中です。

地元に戻って以前のように毎日違う現場での仕事は、したくありませんし何より、できなくなっていると思います。

なので、今の現場が終わるとクローラークレーンに乗ることにしました。

(会社がうまくやってくれるのなら…!)

ラフターからクローラーへ転身するくらい、出張にきたことで感じることや考えが変わりました。






今回の記事は以上になります。



わたしのように

「日本全国を飛び回って、お金を稼いでやろう」

と、意気込んでもいいかもしれません。笑



もちろん働き方は、人それぞれ。

何を幸せと捉えるかも、したがって人それぞれです。

新たな視点の一つとして、わたしのブログやSNSを取り入れていただけると嬉しく思います。



今回の記事があなたの参考に、すこしでもしていただけると幸いです^ ^

それではみなさま良い1日をお過ごしください。

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました