【クレーンオペレーター】今日の作業 7/4

今日の作業【毎日更新】

おはようございます。



本日の作業内容は

鉄筋荷揚げ

です。




昨日からはじまりました、ずっと同じ場所での鉄筋荷揚げ作業。

昨日の朝は、クレーンを移動させてクレーンをセットし、トラックから鉄筋をおろしはじめました。

久しぶりに持つバンコ(敷板)本当に重たいです。。。

アウトリガのグリスが足りていないのか、アウトリガジャッキを効かせていくと

「ダッダッッダ」

と、音が鳴るのも気になりました。



最近は雨が降っているせいで、グリスアップのやる気がより一層出てこないです。

みなさまもそうですよね、、、?

そんな雨の中、もう1台の50トンラフターのオペさんは、アウトリガジャッキを最大まで効かせてクレーンの下に潜ってグリスアップをしていました。

失礼ながら、みた瞬間ビックリしすぎて笑っちゃいました。

「やるな〜^ ^」

と。笑



匿名オペさん
匿名オペさん

「やるな〜ちゃうで、アンタも見習ってグリスアップせな」



梅雨が明け、晴れてきたらグリスアップをしようと思いましたが、梅雨が明けると一気に夏やないか。。。

暑い日が一番グリスアップのやる気が出てこないことは、みなさまもご存知ですよね、、、?

文句を言うのはやめて、近々雨に打たれながらグリスを差して回ろうとおもいます。





昨日の鉄筋荷揚げ作業は、いつも無線を持つ人ではなくなぜか、いつもと違う人が無線相手でした。

「いつもと声違うな〜いつもの人じゃないな」

すぐに気がつき、別になんとも思わなかったのですが、この無線相手一癖ありました。

なぜか「ずっとタメ口」なんです。



「親スラ〜親スラ〜、オペさんまだ倒れる?おぉ、そうかそうか。じゃあ下げて〜」

ずっとこんな調子です。

逆にいつもの無線相手の職人さんは、丁寧すぎるほど合図が丁寧なので、いつもとのギャップに驚きました。



そんな丁寧な職人さんに慣れているせいか、ずっとタメ口なのはかなり気になってしまい、合図の復唱は一切行いませんでした。

時々

「なんでコイツタメ口なん」

と、独り言のように無線が繋がった状態で呟きましたが、聞こえていないのか聞こえていないフリをしているのか、タメ口は作業が終了するまで改善されませんでした。



もちろん、現場にいる職人さんは22歳のわたしよりだいたいの方が年上ですので、タメ口でもおかしくはありません。

しかしそれは、プライベートの場合だと思います。

仕事中は一緒に作業をする相手に、お互いリスペクトをしあって作業すべきだと思います。

なのでわたしは、わたしより明らかに年下の職人さんでも、絶対に敬語で接します。



できる職人さんは、みなさま敬語で話しかけてくれる印象です。

敬語で話しかけられると「あ、リスペクトしてくれているな」と、感じわたしもいつもより丁寧に接している気がします。

ここでもやはり「思いやりの心」が重要ですね^ ^





今日は、今週最後の作業の日です。

あまりイライラせず、落ち着いて安全作業に取り組みたいです。

みなさまも昨日のわたしのように、職人さんの態度に一喜一憂しないように、気をつけてください。笑



それでは本日もお仕事の方は、共に頑張りましょう!!

本日もご安全に!

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました