【クレーンオペレーター】今日の作業 7/3

今日の作業【毎日更新】

おはようございます。



本日の作業内容は

足場材荷揚げ

です。(そのはずです)




またいつもの作業場所に戻っての作業になります。

(昨日は珍しく移動でした)

昨日の記事はコチラ↓



久しぶりに別の場所での作業でしたが、たまには良いものです。

いつもと違う視界や、いつもと違う作業半径。

というか、普通はそうなんですけどね。笑

一箇所で2週間も3週間も、とどまって作業をする方が珍しいのに。。。



オマケに、毎週土曜日もわたしだけ作業があるものですから、困ったものです。

今日からは、またその場所に戻ることになります。

たまには、他のオペさん行ってよ…!



ええ、もちろん明後日の土曜日も仕事です。

そろそろ同じ場所での作業に発狂しそうだったので、昨日はいい刺激になりました。

夜勤用のクローラーのブームが、わたしの50トンラフターのセット位置の真上にあるのは、予想外でしたが…



作業内容は型枠ではなく、鉄筋の荷揚げ&荷卸しでした。

それもトレーラー2台分を朝から荷卸しでしたので、聞いていた作業内容との違いにびっくりさせられました。

びっくりしながらも、久しぶりに作業風景を撮ったので貼っておきます。

(ブームの映像ですが)





動画の最後に、真上にあるクローラーのブームも映っています。

作業方向によっては、かなり邪魔でした。。。

ジブを出しているので、フルブームにすると目の前にいるトラックの荷台に、フックを持っていくことができません。

メインブームは、かなり縮めての作業でした。

親フックは、いちいち巻くのも面倒なので、フルブームの長さに垂らしてあります。笑



隣ではもう1台の50トンラフターが、移動をしまくって作業をしていました。

あの動きは、もはや50トンラフターじゃない。。。

現場側は、50トンラフターをミニラフターか何かと、勘違いしているようです。



わたしも作業中でない時は、積極的に誘導をしにいきましたが、作業中はどうしてもクレーンから降りられないので見守るしかありません。

かなり狭い場所で転回をしたり、クレーンをセットしていました。

見ていると「ぶつけるんじゃないか」と、ヒヤヒヤする場面もありました。

そして、久しぶりに声を荒げました。笑



「ピーピー」と、バックをしているクレーンの真後ろで、現場監督と鳶の親方がポッケに手を入れて、突っ立ってクレーンをただ見ているのです。

ただただ見ているだけです。

「何してんねん」と。

「コッチは(オペ側)、カメラに人が映っただけで気になるし動けなくなんだよ」と。

誘導しないのはいいとして(良くはないですが)せめて邪魔にならないところに、逃げてほしいです。



わたしはクレーンから降りて

「○○さん!そこにいるなら誘導してあげてよ!」

と、久しぶりに大声を出してかなり強めの口調で叫びましたが、なんせヤツらは50トンラフターの真後ろにいるものですから、わたしの声はエンジン音に消されて聞こえていませんでした。

わたしの真横にいた鉄筋屋さんが唯一、びっくりした表情でわたしのことを見ていました。

手が空いているのにクレーンを誘導せず、邪魔になる場所で突っ立っているとか。。。

もっと「思いやりの心」を持ってほしいな〜と、感じました。




あまりグダグダ言っても仕方ありませんので、昨日のことは昨日で忘れて、今日からはまた気持ちを切り替えて安全作業に努めます^ ^

週末で疲れがたまっていますが、みなさまも気を抜かず安全作業でファイトです!!

明日も仕事の方は、ともに頑張りましょう。笑



本日もご安全に!

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました