【クレーンオペレーター】今日の作業 3/10

おはようございます。

本日の作業内容は

資材揚重

です。

予定では「鉄筋荷振り」と聞いていましたが、まったくそんなことはありません。

鉄筋は一回も吊っておらず、見当りもせず…

吊ったものといえば「短管」や「トンバック」や「パネルの山」など。

いわゆる”資材”です。

「資材揚重」と聞くと、なんだか楽な作業のイメージがあります。

そう、メインブームならね。

何を隠そう。

ひ孫出し

です。

ふざけんなごらああやあゃぉたやあ

2日連続でしかも今日にいたってはひ孫出しって。

「卒業式」と「親の離婚」と「友人との絶交」が一気にきた感じです…

現場につくとすぐに

「オペさんあそこの位置にセットして孫出しだわ」

と、職人。

「!?」

と、わたし。

全俺が泣いた。

トイレを済ませ速攻で孫出し。

孫出しの最中にもう1人の職人さんが無線機をとりにきました。

「あと20.30分はかかるよね、”ひ孫出し”だもんね。」

「!?」

全俺が漏らした。

どちらにせよわたしの乗っている機種は

タダノ GR250N-1

で、前方に振りだしますので手間はさほど変わりません。

だとしてもダルいʅ(◞‿◟)ʃ

ですが正直にいうと、昨日の孫出しよりは腹も立たずスムーズに出しました。

理由は

「現場をみてすぐに感づいたから」

昨日は10時の休憩中に言われたんですよ。

そりゃ腹も立ちますよ…

予想外のさらに外。

見えない角度からの右フック。

左打者に対してサウスポーの投手がサイドスローで投げるいわゆる”クロスファイヤー”。

職人さんも昨日のように高圧的な態度ではなく、優しい人たちでした。

「わたしにひ孫」

というものは、

「鬼に金棒」

「白米にたくあん」

「中居くんは音痴です(?)」

久しぶりのひ孫作業ですが、全然いける。

やっぱり自分、上手いわ。

って思っちゃったのは内緒。

いや、大声で言いふらします。

ひ孫を出したとき特有の”ウィンチの遅れ”を楽しみつつ安全作業で頑張ります^ ^

それではみなさまもご安全に。

また次の記事で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました