【クレーンオペレーター】メリット

クレーンのすべて

「クレーンオペレーターのメリットは、なにがあるの?」

 

 

Instagramのメッセージで、聞かれたこともある質問です。

そしてわたし自身、クレーンオペレーターとして働くか迷っていた時期に知りたかったことでもあります。



クレーンオペレーターとして働き始めて、約5年。

この5年間で、わたしが実際に感じたことをまとめてみます。



先に結論から申しますと、クレーンオペレーターのメリットは

・ひとりで気楽

・携帯が触り放題

・待機中は自由

・達成感がある



以上、4つにわけてお話しします。

本音を言うと、もっとたくさんのメリットがあります。

しかし、生地が長くなりすぎてまとまりがなくなるのも嫌なので、4つに絞らせていただきました。

(絞るの大変だった…!)



クレーンオペレーターになるか、迷っているかたの参考になれば幸いです。

クレーンオペレーターとして、現在働かれているかたは

「そうだな」

「こんな考え方もあるな」

と、思いながら見ていただければ嬉しいです^ ^



・ひとりで気楽

クレーンオペレーターは仕事中、ずっと一人です。

クレーン車の中でひとり、1日の大半の時間を過ごします。

もちろん職人さんとともに作業をするので、コミュニケーションが0なわけではありません。



「一人でいるのも飽きたし、ヒマだから職人さんに喋りかけにいこ〜」

そんなこともできます。

(わたしもたまにしています。笑)



わたしは高校を卒業後、すぐにクレーンオペレーターとして働き始めたので、想像でお話をします。

例えば事務作業のお仕事だと、事務所の中に5人くらいで、1日中作業をするわけですよね…?

8時間も他人と…?



「え、じゃあオナラしたいときってどうすんの?」

「音楽を聴いて、ガンガンに体ごと乗りたいときは?」



クレーンオペレーターとして働いているわたしは、こんなことを考えてしまうわけであります。

もちろんクレーンオペレーターなら、コレらの問題はすべて解決。

むしろ、悩みがないのが悩みです(?)




8時間労働を、これから先10年、20年と続けていく中で「ひとりで気楽」ということは、大変大きなメリットです^ ^

わたしは日々、このメリットを感じて働いています。




・携帯が触り放題

 

 

クレーンオペレーターって、LINEの返信や電話をかけたときの反応がやたら、はやくないですか?

それもそのはず。

つねに携帯を触っていますから。

※誤解されると迷惑な方もいらっしゃると思いますので、あくまでわたしの話として聞いてください。笑



クレーン作業が、1日中ずーっと動きっぱなしなことって、あまりないんですよね。

ですので必然的に、われわれクレーンオペレーターは「待機」が多くなります。

そして、クレーン作業中でもチョコチョコ「空きの時間」が存在します。

そのようなことから「携帯が触り放題」な状態がうまれます。



というか、これだけ待機が多い仕事は、携帯がないとムリと言っても過言ではありません。

「4時間待機」だと、みなさま何をします?

普通、携帯触りません?



とくに現代は、SNSやYouTubeなどヒマをつぶすコンテンツが、大量にあふれています。

あなたがいま、見ているこのブログもしかりです。

ユーチューバーやわたしもそうですし、見ている人が楽しめるよう最大限の努力をしています。

そんなん、見ちゃうでしょ。

気づいたら1時間とか、平気で経っちゃうでしょ。



携帯を見過ぎちゃうくらい、携帯が触り放題なクレーンオペレーターという職業。

わたしは長時間、携帯を触り続けて目がおかしくなっちゃうこともあります。笑

そんなときは読書をするのもオススメです。

コチラの記事で、わたしのオススメ本を紹介しております。

ぜひチェックしてください^ ^




・待機中は自由

 

 

これは、わたしがクレーンオペレーターとして働きはじめたころ、戸惑った部分でもあります。

本当にそのくらい「待機時間」がありまくるんです。

いや、まじで。笑



「え、待機?また?は、5時間は何もない?どゆこと?」



クレーンオペレーターになりたての頃は、長時間の待機中、何をすればいいか分からなくなるほどです。

他のオペさんたちは、どうやって時間を潰しているのか気になって、会社で聞いて回ったこともあります。

ちなみにそのときの答えは、みなさま「携帯を触る」でした。笑

Instagramでも聞いたことがありますが、そのときの答えもフォロワーのみなさま同様に「携帯を触る」でした。

Instagramでも聞いたことがありますが、





待機中は何をすればいいのか、結論は

「何をしてもいいし、何もしなくていい」



携帯を触る、読書、昼寝、クレーンの整備

あなたの好きなように過ごしましょう^ ^





・達成感がある

 

 

クレーン作業をすると、形として残るものに携わることが多々あります。

例えば、ビルの建設工事や道路の橋脚工事。

木造住宅、鉄骨の建て方工事や、コンテナや看板の据え付けなどなど。

パッと頭に思い浮かぶものでも、かなりの量があります。



逆に言うと、形として残らないものの方が、少ないです。

いま思いつくものだと、地中にボックスの据え付けとか?

そしてそんな形に残らないものでも、達成感は感じられます。



その理由は、、、

「感謝されるから」



どんな仕事でも、クレーン作業にはお客様が存在します。

仕事が無事に終われば、お客様から

「ありがとう」

と言われます。



たとえ形に残らない仕事だとしても、お客様から感謝されることで達成感を得られます^ ^

形に残るものだと、作業終了時にその日の作業結果を見て

「終わった〜よくがんばった」

と、カンタンに達成感を得られます。



別の言い方だと

「やりがい」

とも言えます。



仕事にやりがいを感じた方が、やはりモチベーションも上がりますし、やる気が出ます。

自分の仕事に対して、やりがいや達成感を感じることに、デメリットな面はないでしょう。

クレーンオペレーターという仕事は、良いものだとあらためて感じます^ ^




以上4つの視点から

クレーンオペレーターのメリット

を、解説いたしました。



どうでしょう。

みなさまが想像していたよりも、わりとたくさんのメリットがあったのではないでしょうか?笑

自分が選んだ職業に、不満を言い続けて働くのではなく、もっと良い面に目を向けて働いていきたいです^ ^



クレーンオペレーターになりたい方

クレーンオペレーターとして働いている方

の参考に、少しでもなれば幸いです^ ^



それではみなさま本日もご安全に!

また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました