「オペさんマゴたたみ終わったら…」

おつかれさまです。

今日は、ひ孫をだして一日中動きっぱなしの作業で、ヘトヘトなわたしです。

作業自体は15時に終わったのですが

「とりあえず一服(休憩)で、あとで大工さんにクレーン使うか聞いてみるよ。使わないならたたんで大丈夫」

とのこと。

ここでツッコミたいことがいくつかあります。

一つは

いま聞け

ということ。

なぜ30分の休憩をとる必要があるのか?

いま聞いてもらって、ないのなら今すぐたたんで帰りたい。

それがクレーンオペレーターの本音です。

もう一つは

大工の仕事なんて聞いていない

いわゆる計画外作業です。

これもクレーンオペレーターは非常に嫌います。

結局、大工さんの仕事もなく、15時半に「終了」と言われたたみ始めました。

久しぶりの”ひ孫”でしたので、油もかわききっており、ピンの抜き差しが大変でした。

最終的に抜けなかったので棒で叩いて抜いたほどです。

いつものごとく

「やってられねぇわ!」

「もう無理!」

と吠えながらマゴを格納していました。

すると職人が

「オペさん、マゴたたみ終わったらでいいから後で1回だけ吊ってほしい」

「!?」

全俺が怒った。

そんなこんなで無事半年ぶり?くらいのひ孫をたたみ終わり最後のひと吊りへ。

少し移動しなければならず、一度クレーンをたたみ再度セットです。

吊り荷はなにかと思い、見ていると

8枚くらいの小さなパネルの山

手で持ってけ、、、!

思わず怒鳴りました。

もちろん窓を閉めて。クッ…

最後のひと吊りを終えたあとは、上のほうに登っていた親方が丁寧に終わりの合図と、バイバイと手を振ってくれました。

めちゃめちゃに無視しました。

いつもは、いれるアウトリガーのピンをいれることも面倒でそのまま帰ってきました。

おそらく、ひ孫のピンに油を塗って、しっかりとメンテナンスしていれば今回のように’怒る”ことも”起こらなかった”と思います。

すべては自分の責任と思い、明日からも安全作業に取り組みますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

怒らない技術

を習得できるのはいつになるやら、、、

ストレスが溜まる仕事ですが、みなさまもあまり溜め込みすぎないように気をつけてください。

それではまた次の記事で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました